follow me

第3回 秋季服飾文化セミナー

9月から始まりました秋季服飾文化セミナー《日本とJAPANのあいだ》も、ついに最終回をむかえます。今回の、ゲスト講演者は、京都精華大学人文学部文化表現学科准教授の井上雅人先生です。
今回のタイトルは、『洋服と日本人 ~戦後民主主義とジャパニーズ・ファッション~』です。戦後の洋裁学校ブームからはじまり、昨今のストリート・ファッションにいたるまで、日本における洋装化がどのように広まり、独自の様式を築くようになったかを、戦後の民主主義の発展という視点から、お話ししていただきます。
日本で暮らす私たちが、男女ともに当たり前のように洋服を着て過ごすようになったのは、第2次大戦後なのです。そう思うと、私たちの洋服文化というのはまだまだ日の浅いものにすぎません。今は当たり前のように着ている洋服でも、それを受け入れていく過程においては、様々な紆余曲折があったのです。
ぜひ、この機会に、井上先生のお話を聴いて、日本における洋服文化についてもう一度考えをめぐらしてみてはいかがでしょう。

MOMO

3館 リレーセミナー

六甲アイランドにある3つの公立美術館、神戸ファッション美術館・神戸市立小磯記念美術館・神戸ゆかりの美術館の学芸員が、毎月連続でリレーセミナーを開催します。

今回の共通テーマは『昭和20年代の芸術とファッション』。

違った個性を放つそれぞれの館の特徴を活かし、多様な切り口から、お話しいたします。
ぜひ聴きにお越しください。みなさまのご来館をお待ちしています。

第1回
2009年 1月31日(土)
『川西英《元町初夏》から見る戦後ファッション』

講師:百々徹(神戸ファッション美術館学芸員)
数多くの神戸の風景や人々を描き続けた版画家・川西英は、《元町初夏》(1949)という絵のなかに、戦後の当時女性たちのあこがれであったロングスカートの花がいち早く開く元町の様子を、色鮮やかに描き留めています。折りしも、1947年に世界中を駆け巡ったディオールのニュールックのニュースが当時の日本にも届き、日本女性の本格的な洋装化が始まっています。《元町初夏》という一枚の絵を通じて、日本の戦後ファッションの胎動についてお話しします。

第2回
2009年 2月28日(土)
『戦後の洋画 ―小磯良平と同世代作家たちの出発―』

講師:廣田生馬(神戸市立小磯記念美術館学芸員)
小磯記念美術館には、《二人の少女》という作品があります。これは第二次世界大戦が終わった翌年に、神戸空襲で罹災し、家族と仮住まいをしていた小磯良平が、自身の二人の娘を描いた作品です。小磯良平のみならず、当時の洋画家たちの多くが、苦しい戦争体験を経て戦後の出発を果たしました。今回は、小磯のほか、荻須高徳、猪熊弦一郎、田村孝之介、宮本三郎といった同世代の洋画家たちの昭和20年代の足跡を巡ります。また、プロローグとして各画家の戦争期の作品も一部紹介します。

第3回
2009年 3月28日(土)
『神戸ゆかりの芸術家たちと戦後 』

講師:大塚梓、田中梨枝子(神戸ゆかりの美術館学芸員)
神戸は第二次世界大戦において2度の空襲を受け、大きな痛手を負いました。終戦を神戸で迎えた、または疎開先から神戸の地に戻った画家たちは、それぞれ活動を再開し戦後の復興を目指します。前半では、異国情緒溢れる神戸の街並みを深く愛し、北野や旧居留地を描き続けた洋画家・小松益喜《終戦直後の居留地》から、洋画家たちが見た神戸の街並みと戦後の活動についてお話しします。後半では、戦前・戦後の神戸を描いた作品を中心に、神戸ゆかりの日本画家や版画家の活動についても紹介します。

時間
各回とも13:00~14:30 

場所
各回とも 神戸ファッション美術館 4階セミナー室

受講料金
3回通し券 1人1,000円
(第1回開催時にお支払下さい)

セミナー開催日、受講者は3館とも無料で入館できます。
3回すべて参加された方には、プレゼントがあります!

お申込み
ハガキ、FAXまたはメールで、氏名・住所・電話番号を明記の上
1月9日(金)必着で「神戸ファッション美術館」宛にご送付下さい。

当選者の方のみ、1月16日頃までに「ハガキ」でお知らせします。(定員100名)

お申込み・お問合せ先
神戸ファッション美術館
〒658-0032 神戸市東灘区向洋町中2-9-1
TEL. 078-858-0050
FAX. 078-858-0058
メール info@fashionmuseum.or.jp

神戸ファッション美術館

  • 2008/11/06 |
  • 10:00 |
  • お知らせ
  • admin |
  • この記事のURL
  • Trackback(0)
  • Tweet!