follow me

エコフェス / ecofes @ ORBIS HALL 2008の出演アーティスト

11月7日に行われるecofes @ ORBIS HALL 2008に出演されるアーティストのご紹介をいたします!
彼らをきっかけにecoを感じてもらえるようなライブイベントになります。
チケットも残りわずかなのでお急ぎを!!

坂本美雨

5月1日生まれ。9歳の時に家族でニューヨークに移住。
97年、Ryuichi Sakamoto featuring Sister M名義でデビュー。
99年、本名で本格的に音楽活動を開始し、映画「鉄道員」の主題歌、フルアルバム「DAWN PINK」をリリース。
05年11月、『The Never Ending Story』(honda企業CMタイアップ)をリリース。
06年5月、フルアルバム『Harmonious』をリリース。
06年12月、舞台「竹中直人の匙かげん2~"そう。"」出演。(東京・静岡・大阪公演)
07年春、YEBISU「THE HOP」のTVCM出演。
07年12月、アルバム「朧の彼方、灯りの気配」リリース。
08年夏、東京・浜離宮朝日ホール(7/23)、名古屋・TOKUZO(7/31)でのワンマンライブ、"情熱大陸LIVE"(大阪、東京)に出演。
08年11月5日、ニューアルバム「Zoy」リリース決定。
12月には東京(12/18)、名古屋(12/21)、大阪(12/22)でのツアーも決定。
10月からは、名古屋ZIP-FMのレギュラー番組のナビゲーターも担当している。
音楽活動に加え、ナレーション、ラジオのナビゲーター、詩・エッセイ・映画評・翻訳本等の執筆、ジュエリーブランド「aquadrops」のプロデュースなど幅広く活動している。

official site 
official blog 

おおはた雄一

旅するように年間200本以上のライブを行ない、彼ならではの言葉のリズムで日々の断片を紡ぎ唄い続ける姿は、2000年代の日本に現れた、ウディー・ガスリー。
しなやかで優しいギターの音色に乗せた温かな唄声で、多くの女性からの共感を、熱く繊細なラップスティールギターさばきでは、男性からの注目を獲得。
2004年1stアルバム「すこしの間」をリリース。
ジェシー・ハリス、リチャード・ジュリアンをはじめとする海外のアーティストとの交流、サウンドトラックの制作やプロデュースなど、活動の幅を広げながらも、おおはた雄一でしか成し得ない「ギターと唄」での表現を「静かに熱く」進化させ続けている。
08年自身初のカバーアルバムを発表。
9月10日に約2年半ぶりのオリジナル・フルアルバム「Music From The Magic Shop」をリリースした。

official site

コトリンゴ

5才でピアノをはじめ、7才で作曲を始める。
1999年、神戸の甲陽音楽院を卒業後、同学よりバークリー音楽院に留学し、ジャズ作・編曲/ピアノ パフォーマンス科を専攻。
在学中には数々の賞を受賞。教会でのクワイヤのレギュラーピアニスト、卒業後はNYで多ジャンルの ギグにピアニストとして出演。
2005年秋より自宅での曲作り/デモテープ作りを始める。翌年3月にJ-WAVE・坂本龍一のradio sakamoto オーディションコーナーに送った曲が耳にとまり、2006年11月、坂本龍一プロデュースによる 「こんにちは またあした」でデビュー。その後、1stアルバム「songs in the birdcage」、ミニアルバム 「nemurugirl」をリリース。
作詞編曲、プログラミングなど、ほぼすべてのトラックを手がけ、圧倒的なピアノ演奏力と童女のように ピュアな歌声、そしてオリジナリティ溢れる才能には坂本龍一も驚嘆。
現在は日本に住まいを移し、積極的にライブ活動も開始。ライブパフォーマーとしての評価も高い。
今年9月には、初のセルフプロデュースの2ndアルバム「Sweet Nest」をリリース。よりポップな作品と なった今作にはクラムボンのミト、おおはた雄一、坂田学、toeの柏倉隆史など、参加ミュージシャンも 多彩で、J-WAVE TOKIO 100のチャート5位を獲得するほか、各方面で注目されている。

official site 
official blog

Kent FUNAYAMA

1999年よりDJ活動を開始。
関西のクラブ/カフェなどでDJを行い、2002年よりクラブミュージックを中心に音楽制作を開始。
「BEAUTIFUL TIME EP」(2004.7)、「REALITY BITES EP」(2005.4)をリリース。
その後、アコースティックライブでの活動を開始し、そのライブ活動から2枚のアルバム 「The Boy With The Blue Cloth」(2007.8)、「まぶた」 (2008.2)をリリース。
ライブでは、神戸、大阪などの関西を始め、東京、香川、岡山、広島など各地で活動している。
また、イラストやデザインの制作、発表も勢力的に行っている。
現在は、アコースティックライブ、DJなどの音楽活動を中心に、デザイン、WEB音楽の制作を行っている。

official site 
official blog 

Candle JUNE

世界各地で火を灯す
2001年に広島で「平和の火」を灯してから「Candle Odyssey」と称する争いのあった地を巡り火を灯す旅を始める。
アメリカを横断、N.Y,グランド・ゼロで火を灯し、その後アフガニスタンへ。国内各地を灯しながらも、カンボジアの孤児院を巡り、パリコレクションに演出で参加すると共にテロ事件のあったロンドンも訪れる。05年より終戦記念日に中国チチハルにて火を灯す。また新潟中越地震被災地川口町をはじめとした震災地でもイベントを開催する。

悲しみが続く限り、灯し続ける

1994年にキャンドルの制作を始める。ギャラリーやサロンなどでエキジビションを開催。ファッションショー、レセプションパーティのデコレーションや、Fuji Rock Festivalをはじめとする野外イベント、Ben Harper、Neil Young、 M.M.Wなどのライブステージにキャンドルを中心とした空間演出で参加。

火を灯す旅はまだまだ続く

official site 

E・C・O project公式サイトはこちら

MT

神戸ファッション美術館

アートのお祭り

こんにちは!

すっかり秋。食と芸術の秋ですね~
ということで、先日神戸ファッション美術館・神戸ゆかりの美術館のある六甲アイランドでもアートのお祭り「RICアートカプセル 2008 20YEARS LATER…」が開催されました。
アートカプセルは、同じく六甲アイランド内にある神戸市立小磯記念美術館等が主催となり、毎年この時期に開催されているものです。今年は10月18日(土)と19日(日)の二日間に渡って、オープニングイベント、コンサート、アート・ストリート・ギャラリーなどが行われました。

オープニングイベント「灯りの散歩道」

今年は、神戸ファッション美術館、そして神戸ゆかりの美術館もアート・ストリート・ギャラリーに初出展!アートカプセルに遊びに来てくれたたくさんの人々とアートを通じて交流することができました。

神戸ゆかりの美術館「かたち、いろ色さがし」

芸術の秋、このあとも神戸ファッション美術館も神戸ゆかりの美術館もイベントが目白押しです!
どうぞ奮ってご参加くださいませ~

神戸ファッション美術館 いのちのいろどり 自然染織ワークショップの日程は
10/25、11/2、8、15、22、29、12/7、13、20

神戸ゆかりの美術館 出張!ゆかり親子ミュージアム
11/9(日) 会場 御影クラッセ(阪神御影駅すぐ)
※詳細はお問い合わせください。神戸ゆかりの美術館 078-858-1520

こまち

あかり

みなさん こんにちは
涼しい風が心地よい季節になりましたね
これからは紅葉も楽しみです

季節は秋
私の個人的な楽しみは、
丸くオレンジ色に落ちる夕日、
東の空に低くゆれる宵の満月、
そして、
大きな四角い柿をほおばることでしょうか

今日10月21日は『あかりの日』
エジソンが実用性の高い白熱電球を発明したのが
1879(明治12)年の今日
彼は京都産の竹を炭にしてフィラメントを作ったそうです

これより前から人間は、松明、灯心、ロウソクなど、
さまざま手段であかりを求めてきました
エジソンの発明以来、照明はさまざまな分野で飛躍的な進歩を遂げ、
私たちのくらしの発展に重要な役割を果たしてきたのですね

そんなことに思いを馳せながら
部屋の照明をいつもとちがうアレンジで
すごしてみるのも
秋の夜長のたのしみです

神戸旧居留地にある『神戸らんぷミュージアム』」では
本日、「あかりの日」を記念して
館を無料開放されているそうです

ぱはりーた

神戸ファッション美術館

  • 2008/10/21 |
  • 16:21 |
  • つぶやき
  • admin |
  • この記事のURL
  • Trackback(0)
  • Tweet!

自然染織ワークショップ

昨日から特別展示『いのちのいろどり ~自然染織家・伊豆蔵明彦の仕事~』が始まりました。
今日は、はじめてのワークショップをおこないました。

第1回目のワークショップには、7名の方々が参加されました。

5つのコースから、それぞれお好きなコースを選んでいただいて進めていくのですが、リボンテープを染めて組み上げるコースが、人気のようです。

皆さん、和気あいあいと楽しげに作業を進められていきます。

1時間半ほどで、思い思いの色に染め上げた、スカーフやマフラーが完成しました。
どなたもとてもうれしそうです。
世界に一つのオリジナル・アイテムをつくるワークショップに、あなたも参加してみませんか。

くわしくはこちら

  • 2008/10/18 |
  • 15:55 |
  • お知らせ
  • admin |
  • この記事のURL
  • Trackback(0)
  • Tweet!

「住みたい街=行きたい街」

これは六甲アイランドの街づくりに掲げられたテーマだそうです

神戸ファッション美術館もそんな六甲アイランドの中ほどに位置します。
六甲ライナーに乗ったら、アイランドセンター駅で下車、すぐのところにあります。

在来線やJRを乗り継いで、六甲ライナーに乗るというとすごく遠いイメージがあるのですが、実際移動してみると案外あっと言う間に着きます。ほんの10分弱です
…と、何故わざわざこんな話をしているのか?と言いますと、私自身「六甲アイランド? 遠いんでは」という固定概念を打ち破られたからです

きっとミュージアムでの催しに興味を抱きつつ、遠いというイメージにためらわれる方がいらっしゃるんだろうと思います。…何故なら私自身が(以下略)

そんな誤解に満ちたイメージの持ち主であった私も、ファッション美術館に通うになり、ぐんと六甲アイランドが身近になりました。
身近になるにつれ、町並みのキレイさや、ビルに入ってるテナントに「やっぱり普通の街とは、チガウかも」とゆう思いも強くなって参りました。
アイランドCITYのコンセプトそのままに、ここは「居住地でありつつ、レジャー地でもあるんだな」ということを、道を歩いているだけでも実感します。

来週末の土日(25・26日)には、六甲アイランド収穫祭&ハロウィンフェスティバルという規模の大きなイベントがあるそうです
詳しくはこちらをご覧下さい⇒Rokko Island

美術館においでについでに六甲アイランド!  でも、
六甲アイランドのついでに美術館!  でも、一度遠いようで近い街 六甲アイランドにいらしてみて下さい

ポチ


神戸ファッション美術館

  • 2008/10/18 |
  • 10:00 |
  • つぶやき
  • admin |
  • この記事のURL
  • Trackback(0)
  • Tweet!