follow me

みるよむライブラ

 こんにちは

9月も残りわずかになりました  

ライブラリー図書のご案内です。

□ Brands A-Z:MUJI  <240p>  Page One Publishing Private/英語
Peng Yangjun (著), Chen Jiaojiao (著)

MUJI-無印良品。ページをあけたら実は洋書なのです。
コンテンツはSTORY.1980-2000/CONSEPT/PRODUCT/IMAGEとインタビュー。
見事な構成でMUJIブランドを表現した、MUJI Exhibution,Milan,2003 の様子など。
無印感たっぷりです。

書棚-24  請求番号 2413/MUJ           

     
鉛筆愛用中のスタッフを見つけました
本のカバーもこんな素材感。

ユニクロのデザイン <239p> 誠文堂新光社

アイデア特別編集版。
オープンから、さらなる躍進を続けるユニクロ。
ユニクロのデザイン1999-2007/これまでの歴代広告キャンペーンや制作物を
豊富な図版で紹介。このCMなつかしい!がいっぱいあります。

書棚-04  請求番号 0404/UNI

そして、
きになるタイトルの本もはいりました。

 

これ,誰がデザインしたの? <119p> 美術出版社
これ,誰がデザインしたの?続 <124p> 美術出版社       
渡部 千春 (著),『デザインの現場』編集部 (編)

日常のなかに身近に、普通にあるもの。
誰もが知っているデザインを取り上げ、いつ誰がどのようにデザインしたのか?
「デザインの現場」誌上の連載をまとめた書籍。
商品パッケージやロゴ、そのデザインの裏に潜む意外なエピソードなどを紹介。
    
書棚-36  請求番号 3610/KOR/1・2

   
ライブラで普通にあるものたち。
  
   
   
雑誌の「アイデア」「デザインの現場」も所蔵しています

ぜひチェックを。
                                         
                                           mu
神戸ファッション美術館

  • 2008/09/27 |
  • 17:00 |
  • ライブラリー
  • admin |
  • この記事のURL
  • Trackback(0)
  • Tweet!

英国コンテンポラリージュエリー8人展

●英国コンテンポラリージュエリー8人展●
Contemporary British Jewellers in 2008

「英国コンテンポラリージュエリー8人展」は、駐日英国大使館とブリティッシュ・カウンシルが日英修好通商条約150周年を記念し開催している"UK-Japan2008"の公認イベントで、英国のクリエイティブなコンテンポラリージュエリーをファッション都市神戸に紹介するとともに、知的に身につけるアートとしてのコンテンポラリージュエリーの魅力を提案します。

会期:2008年9月4(木)~9月30日(火)
10:00~18:00/最終日16:00まで/水曜日休館
会場:神戸ファッション美術館3階ライブラリー
主催:gallery shop Si
協力:神戸ファッション美術館 / WAM

gallery shop Si web:http://www.galleryshopsi.com
WAM web : http://www.wam-kobe.com/index.html

神戸ファッション美術館