follow me

KOBE観光の日

今年、2008年の「KOBE観光の日」は、10月3日(金)です!
10月3日(金)~13日(月・祝)は「KOBE観光ウィーク」です。

期間中、神戸市内の観光施設などで、無料開放や特別割引、プレゼントなどさまざまな催しを行います。

神戸ファッション美術館の「KOBE観光の日
10月3日(金)は、
入館無料になります。

さらに、

「KOBE観光ウィーク」中の、
10月4日(土)、5日(日)
ご来館の方、先着100名様に、
「チャイナ×チャイナ×チャイナ」B2ポスターをプレゼントします。

現在の特別展示は、
チャイナ×チャイナ×チャイナ
長袍(チョウホウ)→旗袍(チーパオ)→唐装(トウソウ)
―チャイナドレスの変遷史―
です。

この特別展示と「神戸ゆかりの美術館」も、あわせてご覧いただけます。
皆様のご来館をおまちしております。

神戸ファッション美術館

  • 2008/09/30 |
  • 11:45 |
  • 神戸観光
  • admin |
  • この記事のURL
  • Trackback(0)
  • Tweet!

中国茶のおすすめ

最近、涼しい日が多く、暑がりの私もついに長袖の服を着始めました
朝晩は特に肌寒日も増え、体調管理に気をつけたい季節です
そんな時期に、ぜひお勧めしたいのが中国茶です
中国茶にも沢山種類がありますが、それぞれに効能があり体調や気分にあわせてお茶を選べます。お茶を楽しみながら、体調管理ができると素敵ですね

神戸では、「神戸岩茶荘」というお店で
さまざまなお茶がいただけます。

チャイナ×チャイナ×チャイナ
―チャイナドレスの変遷史―
とあわせて、心も体も、中国の魅了を再考する機会になれば素敵ですね。

以上、ちょっとしたお勧めでした

もてぃーず
神戸ファッション美術館

  • 2008/09/30 |
  • 10:00 |
  • つぶやき
  • admin |
  • この記事のURL
  • Trackback(0)
  • Tweet!

もう秋ですね♪

朝晩がずいぶん涼しくなってきましたね。
くろしゅは寒がりですので「涼しい」というより、もう「寒い」です
通勤途中、半そでやノースリーブを着ていらっしゃる方を見かけると
「寒くないのかな・・・」と心配になります

 神戸ファッション美術館の前の道も秋らしく銀杏の実がなっています
今日は朝から雨が降っているので、たくさん落ちてしまっていました
食べると美味しいのですが、臭い・・・
ですので踏んでしまわないように必死で歩いています
実をたくさん拾っていらっしゃる方を、よく見かけるのですが
どのようにして召し上がっているのでしょう
塩をふって食べるしかレパートリーがないので、沢山拾っても飽きてしまうのでは
と思って、拾わないでいます。

銀杏の美味しい食べ方を調べて、たくさん食べたいです

 くろしゅ 

神戸ファッション美術館

  • 2008/09/29 |
  • 10:14 |
  • つぶやき
  • admin |
  • この記事のURL
  • Trackback(0)
  • Tweet!

運動の秋

今年は特に暑かった夏もやっと過ぎ、秋らしい季節になってまいりました。
秋は「食欲の秋」、「芸術の秋」、そして「運動の秋」!

当館では「食欲の秋」を満たすことはできませんが、「芸術の秋」は言うまでもございません。10月17日(金)から新たな特別展示「いのちのいろどり~自然染織家・伊豆蔵明彦の仕事」が始まりますのでご期待下さい。
その他に何と!「運動の秋」についても、皆様に十分ご満足いただけるような企画がございます。

その名は「コーベル」!

「コーベル」とは何か習い事を始めたいけど、何をはじめたらいいのかわからない。そんな女性の為に、1日に色々なレッスン(10月11日はベリーダンス・エクササイズ、フラダンス、アフリカンダンス、フラメンコ)を受けることができるようになっています。
次回「コーベル」(第3日目)は、10月11日(土)13時から当館オルビスホールにて開催されます。

前回・前々回と大変好評で毎回100人近い女性に参加していただいております。まだご予約をされていない方は下記まで早めのご予約をお勧め致します。
↓ ↓ ↓ ↓
http://www.kobedays.com/hotevent/1898

カツオヤジ
神戸ファッション美術館

みるよむライブラ

 こんにちは

9月も残りわずかになりました  

ライブラリー図書のご案内です。

□ Brands A-Z:MUJI  <240p>  Page One Publishing Private/英語
Peng Yangjun (著), Chen Jiaojiao (著)

MUJI-無印良品。ページをあけたら実は洋書なのです。
コンテンツはSTORY.1980-2000/CONSEPT/PRODUCT/IMAGEとインタビュー。
見事な構成でMUJIブランドを表現した、MUJI Exhibution,Milan,2003 の様子など。
無印感たっぷりです。

書棚-24  請求番号 2413/MUJ           

     
鉛筆愛用中のスタッフを見つけました
本のカバーもこんな素材感。

ユニクロのデザイン <239p> 誠文堂新光社

アイデア特別編集版。
オープンから、さらなる躍進を続けるユニクロ。
ユニクロのデザイン1999-2007/これまでの歴代広告キャンペーンや制作物を
豊富な図版で紹介。このCMなつかしい!がいっぱいあります。

書棚-04  請求番号 0404/UNI

そして、
きになるタイトルの本もはいりました。

 

これ,誰がデザインしたの? <119p> 美術出版社
これ,誰がデザインしたの?続 <124p> 美術出版社       
渡部 千春 (著),『デザインの現場』編集部 (編)

日常のなかに身近に、普通にあるもの。
誰もが知っているデザインを取り上げ、いつ誰がどのようにデザインしたのか?
「デザインの現場」誌上の連載をまとめた書籍。
商品パッケージやロゴ、そのデザインの裏に潜む意外なエピソードなどを紹介。
    
書棚-36  請求番号 3610/KOR/1・2

   
ライブラで普通にあるものたち。
  
   
   
雑誌の「アイデア」「デザインの現場」も所蔵しています

ぜひチェックを。
                                         
                                           mu
神戸ファッション美術館

  • 2008/09/27 |
  • 17:00 |
  • ライブラリー
  • admin |
  • この記事のURL
  • Trackback(0)
  • Tweet!