follow me

夏の日差し対策に

一番暑い時期を指す24節気の大暑も過ぎ、
日差しもかなり強くなっていますが、
日よけ対策はどうされていますか?

日傘もいいのですが、どうしても片手がふさがってしまうので
出かける際には麦わら帽子をかぶることが多くなりました。

この麦わら帽子について調べてみると
もともとは麦わらで作られていたものの名称だったのが、
最近はラフィア・イ草などの植物繊維で編まれた帽子の総称として
呼ばれるようになっているとのこと。

素材が天然のもので作られているので、通気性が良く熱がこもりにくい
(布製のものに比べて帽子内部がかなり蒸れにくく涼しい)ので、
湿気が多くて蒸し暑い日本の夏の気候に適しているそうです。

また、軽量であるので、お出かけ用にとどまらず
農業等の作業用の帽子として、幅広い用途で使用されています。
なんと、扇風機が内蔵された麦わら帽子もあるとか!

機能も優れ、男性・女性用問わずデザインも豊富に作られ、
日本の夏の帽子として親しまれている麦わら帽子。

お出かけ時の熱中症対策もかねて、お気に入りのものを1つ
手に入れてみるのもいいかもしれませんね。

※麦わら帽子でも長時間かぶっていると熱がこもってしまいますので
熱中病予防の為にたまに外して帽子内の熱を逃がすようにしてくださいね。

iwa

神戸ファッション美術館

  • 2008/08/01 |
  • 10:00 |
  • つぶやき
  • admin |
  • この記事のURL
  • Trackback(0)
  • Tweet!