follow me

衣装の品格

4月から開催している「ポワレとフォルチュニィ展」も、そろそろ終わりに近づいてきました。
本展では、共立女子大様のご協力により、皆様がまずご覧になられたことはないであろうという衣装を、数多く展示することができました。
また、途中で作品の入れ替えを行いましたので、前期・後期で全く違う衣装をご覧いただくこともできました。
共立女子大所蔵のフォルチュニィの作品は、展示室奥のガラスケースの中に展示しています。

私的な感想になりますが、この展示を見ると「衣装の品格」を感じます。
もちろん、フォルチュニィ以外にも品格のある作品は多数ありますが、
何か心に響くものがあるのだと思います。
(単に好みの問題という気もしますが…)
気品溢れるこの衣装を見につけていた人は、一体どんな人だったのだろう
と思いを巡らせると、さらに楽しくなります。
絶対無理なのですが、一度着てみたいと心から思います。

「ポワレとフォルチュニィ展」は7月1日(火)で終了します。
まだご覧でない方は一度、そして前期にご覧になられた方やポワレ・フォルチュニィ好きの方は再度、ぜひぜひお越し下さい。
優雅な一時をお過ごしいただけると思います。ご来館お待ちしております。

Funya