follow me

日本風、○○風

こんにちは。

先日、とある大学のエレベーターのなかで、偶然乗り合わせた
留学生男子から着ていたワンピースをほめられました。

わたしもとってもお気に入りのワンピース。
黒地にぶどう(?)の柄で、形はシンプル。

おそらくゆうに30年以上前のものだろうなぁと思わせる
「~~洋装店」のタグが縫い付けられたものです。

ニコニコしながら「ステキですね~」といわれたので嬉しくなって
「そぉお? きっとすごく古いものなの~」と答えました。
すると彼は、

「ボクは昔の日本のものが大好きです。
あと、中国のものも好き。
もういう(立ち襟の)服が好きなんです。」

という返事で、それにはちょっとびっくりしました。
わたしはそのワンピに全く「和風」を見ていませんでしたので。

でも、そんなことを考えつつ現在開催中の
「ポワレとフォルチュニー」展を見ていたら…

作品には、わかりやすい「異国情緒」テイストが満載です。
アラビアの都市の名がついたドレスや、
どこかで見たことのある長い袖のガウン。

そして、服そのものだけではなく、同時に展示されている
ファッションプレートにも…。

「むぅッ…この力強い構図、大胆な余白…
これはまさに日本画(特に浮世絵)の影響かッ…」

と、『美味しんぼ』気取りでうなってしまうものが多数あります。

(とはいえ、ファッションプレートもまた、日本の
少女マンガに影響を与えたことを考えると、
少女マンガに大きな影響を与えられたわたしにとって
デザインの原点をどこに見るのか、判断は非常に困難です…)

作品保護のため、照明が少し落ちていますが、
ファッションプレートもまたじっくり見ていただきたい展示のひとつ。

展示室前ロビーのファッションプレート展示にも、
みなさま、ぜひご注目下さい!

  • 2008/05/04 |
  • 10:21 |
  • ファッション
  • admin |
  • この記事のURL
  • Trackback(0)
  • Tweet!