follow me

子どもも大人も楽しもう♪川端謹次さんの世界

 ただいま、神戸ファッション美術館のおとなり、神戸ゆかりの美術館で開催中です
 「没後10年 水辺の風景に魅せられた洋画家 川端謹次展」

 神戸といえば海と山
 

 川端謹次さんの描いた神戸の風景です。

 見晴らしの良い、山の上で描いた作品です。

 実はこちら、美術館で見るととても小さい作品です。
 川端さんの作品は小さい作品がたくさんあります。

 いつでも現地で絵を描いた川端さんは、
 持って歩けるサイズのキャンバスを選んでいました。

 

           ずらりと並ぶ神戸風景、昭和20年代の懐かしい神戸風景もあります。
 

                          川端さんのスケッチブックも展示しています。 
 

  神戸の水辺を散歩するみたいに、館内でのんびりお過ごしください。

 そして、こんなイベントも
 

 展覧会ごとに開催しています♪
 親子で絵を楽しむイベント「ゆかりおやこミュージアム」 

 今回は川端さんの世界を親子でたのしみましょう

 みんなで展覧会を見て、楽しい作品作りも体験できますよ
 小学1年生から中学生までのお子様とご家族が対象です。

 興味をお持ちの方は、神戸ゆかりの美術館までご連絡ください
 TEL:078-858-1520
 http://www.city.kobe.jp/cityoffice/17/040/yukarimuseum/index.html

  from

museum in museum (museum shop)

昨年から始まりました、神戸ファッション美術館として新しい試みであるミュージアムショップの御紹介をします。

そこで注目の現在の出展者を御紹介

FEELER
代表:平井千晶

先日ミュージアムショップの雑誌取材でも取り上げられたアーティストさんです

まだまだ知らない方も多いかと思われます。俗に言う「ミュージアムショップ」とは違い、神戸ファッション美術館のご提案するmuseum in museumは若手クリエイターの育成のプロジェクトの一環であり、発表する場を提供しています。

今後ミュージアムショップを中心に様々なクリエイターやアーティストと交流の場を設けたいと思っています。
まだ知らない方も是非カフェに行く気分で気軽にいらして下さい!!

M.T

http://www.fashionmuseum.or.jp/shop/index.html
お問い合わせ先
ミュージアムショップ[museum in museum]
TEL : 078-858-0054 (10:00~18:00 水曜休)
MAIL: openmuseumshop@gmail.com

須磨・明石めぐり

こんにちは!

暖かく、春らしい気持のいい気候になってきましたね
先日、須磨・明石めぐりをしてきました

JR須磨駅を出発し、国道2号線をゆるゆると西にむかうと、ほどなく須磨浦公園に到着。
公園の中にはたくさんの句碑や史跡があり、その中には以前にルミナリエのお話のときにご紹介したマリーナ像と同じ、新谷琇紀さん作の「ウルフカブ記念碑」もありました。

 ウルフカブ記念碑

新谷琇紀さんの作品は神戸ゆかりの美術館神戸ファッション美術館となり)に多数所蔵されています。

山陽電車・須磨浦公園駅からすこし山を上ったところにある須磨観光ハウスはとても眺めのいいところでした。お食事と宿泊もできるそうです。

その後、須磨寺にお参りをし、須磨海浜公園の松林の中でひと休みしたり、ヨットハーバーをのぞいたりして須磨の春を堪能しました。

その後さらに明石まで足をのばしたのですが、それはまたの機会に…。

今回訪れた須磨のあたりは、現在、神戸ゆかりの美術館で開催中の展覧会「没後10年 水辺の風景に魅せられた洋画家 川端謹次展」でも数多く絵の取材地となっているところです。
展覧会にあわせて、ぜひ訪れてみてはいかがでしょうか。

電車では
アイランドセンター→(六甲ライナー 約10分)→住吉駅
住吉駅→(JR 約30分)→須磨駅

こまち

  • 2008/04/21 |
  • 14:32 |
  • つぶやき
  • admin |
  • この記事のURL
  • Trackback(0)
  • Tweet!

ユニークな図書館

神戸ファッション美術館併設の3階ライブラリーでは、他の図書館とは違ったユニークな図書の分類をしています。大きく『衣・食・住・遊』のカテゴリーに分け、請求記号(本の背表紙の四桁の番号)の00番から45番まで(この番号は上二桁の番号)を分類しています。

衣00-18 ファッションをメインに靴や装飾小物・香水・美容など 
食19-22 洋菓子・酒・食器など 
住24-29 クリスマス・インテリア・建築・庭園など
遊30-45 写真・映画・音楽・舞台・美術・デザイン・メディアなど

 
詳しい図書分類表は館内の壁面に表示していますのでご覧ください。
神戸の産業のひとつである、クリスマス産業や洋菓子もそれぞれに書架が設けられています。

19番の書架には和洋菓子・パン・チョコレート・ケーキ、茶・コーヒー・紅茶・カフェ・茶の湯・茶花・掛け物・飾り菓子・名碗の書籍があります。なかでもパン・チョコレート・洋菓子・中国茶・コーヒーは神戸にゆかりが深いものです。また、パソコンブースに近い壁面書架にも兵庫・神戸コーナーが設けられていますのでご覧ください。

書棚を歩きながら、気ままに本を手にとって過ごすひとときも贅沢な時間。ぜひ神戸ファッション美術館ライブラリーで。

みなさまのご来館を心よりお待ちしています。

ぱはりーた

  • 2008/04/20 |
  • 11:30 |
  • ライブラリー
  • admin |
  • この記事のURL
  • Trackback(0)
  • Tweet!

ポワレ・フォルチュニィ展

いよいよ始まりました!
ポワレとフォルチュニィ展 -コルセットをめぐる冒険-

今回は、特別展の面積が広がっています。
順路も従来と逆、以前の出口が入口に、逆まわりの設定になっています。

まずは 18・19世紀のコルセット&ドレス から見ていただきます。

その先には ポール・ポワレの作品のお部屋
独特の雰囲気 フォルムのおもしろさ…

続いて マリアノ・フォルチュニィの作品コーナーへ
なんと…格調高い…上品な光沢!

見る人を魅了すること まちがいありません!

たくさんの方に見ていただきたいと願っています。
ご来館、お待ちしております!

                                  H.O

ポワレとフォルチュニィ展 -コルセットをめぐる冒険-