follow me

サクラ咲く

先日、六甲アイランドでもが咲きました。
神戸ファッション美術館南側の街路樹です。

そして、春と言えば花
明日28日から、お隣の島ポートアイランドでは「神戸花物語」が始まります。
神戸市で栽培されている花を中心に、
5万本の花がお迎えしてくれるそうです。

え?神戸市で栽培?
そう、実は神戸市では多くの花が栽培されています。
私が特に好きなのは、北区淡河町のチューリップ
ピンクや黄色、赤、白など色とりどりのチューリップは、どんな時も幸せな気持ちにしてくれます。

しかし、当館も負けていられません!
開催中の「華やぐこころ 大正昭和のおでかけ着物」には、
多くのお客様に着物でお越しいただいています。
お蔭さまで館内は花盛り。
皆さんのお召物も、すっかり春らしくなってきました。

残念ながら、「華やぐこころ 大正昭和のおでかけ着物」はあと10日ほどで千秋楽を迎えます。
まだご覧になられていない方、もう一度見たいと思っておられる方、
ぜひ「神戸花物語」とあわせてご覧いただき、春の1日をお楽しみ下さい。

Funya

  • 2008/03/27 |
  • 20:47 |
  • 神戸観光
  • admin |
  • この記事のURL
  • Trackback(0)
  • Tweet!

メイキングオブ 華やぎの帯結び

去る3月22日は、“華やぐこころ 大正昭和のおでかけ着物”セミナー、『聞いて、見て アンティーク着物』の2回目を開催いたしました。
講師は、本展の作品所蔵者である京都古布保存会の似内惠子氏です。
「華やぎの帯結び」をテーマに、着物と帯の取り合わせや、昭和初期に流行した帯結びについて解説いただきました。

また、Beauty Arts Kobe 日本高等美容専門学校の先生方にご協力いただいて、当時の髪型とメイクの再現をお願いしました。

本日はメイキング編、当日のセミナーがはじまるまでをご紹介します。

Beauty Arts Kobeの先生によるヘアセット【マルセル・ウェーブ】

当時のメイクの特徴は、眉頭から下がるライン、ぽってりとした頬

銀閣寺つぼみの方々によって、豪華な帯が整えられます

 
着付けとヘアメイクが完成し、ひといき。セミナー開始を待ちます

(つづく)

misaki

きものコーディネイトスナップ(11)

この、きものコーディネイトアルバムも第11弾となりました。
撮影に、ご協力くださったみなさまありがとうございました。

華やぐこころ 大正昭和のおでかけ着物」展では、着物でおでかけのきっかけになればと
着物(和装)でご来館の方は入館料無料にしております。

開催終了まで、あと2週間ほどとなりました。
みなさまのご来館をお待ち申し上げております。

  • 2008/03/24 |
  • 11:52 |
  • ファッション
  • admin |
  • この記事のURL
  • Trackback(0)
  • Tweet!

きものコーディネイトスナップ(10)

開催中の「華やぐこころ 大正昭和のおでかけ着物」には
きものをお召しの方も多くいらっしゃいます。

そこで着物でご来館の方に、撮影をお願いしました。
ご協力くださったみなさまありがとうございます。

どのお客様も、すてきな着物ライフを楽しんでいらっしゃいます。
このブログで少しずつご紹介していきます(^^)/ 第10弾目!

華やぐこころ 大正昭和のおでかけ着物」展では、着物でおでかけのきっかけになればと
着物(和装)でご来館の方は入館料無料にしております。

洋装のお客様も、和装のお客様を発見する楽しみがあるようです。
まだご来館でない方、きものコーディネイトアルバム第10弾は、いかがでしたでしょうか。
この企画はまだまだ続きます。
みなさまのご来館をお待ち申し上げております。

  • 2008/03/24 |
  • 11:32 |
  • ファッション
  • admin |
  • この記事のURL
  • Trackback(0)
  • Tweet!

大正昭和です

こんにちは!

すっかり春らしくなり、いつ桜が咲くのかと毎日ウキウキしています
さらにウキウキ感をますイベントが多いこの時期…本日、神戸ファッション美術館でも現在の特別展示「華やぐこころ 大正昭和のおでかけ着物展」に関連したセミナー「聞いて、見て アンティーク着物―京都古布保存会 銀閣寺つぼみコレクションより―」が開催されます。
第2回めとなる今回は「華やぎの帯結び」と題して、京都古布保存会の似内惠子氏が昭和初期の帯結びや晴れ着のデザインについて解説する予定です。

1月26日に開催された前回のセミナーは「昭和の着付け」という着物と帯の取り合わせについてのお話でした。
特にこのセミナーのおもしろいところは、実際のモデルを使って解説していること!
モデルさんたちは、着物や帯の取り合わせのみならず、髪型、化粧法も当時のスタイルを使っており、まるで昭和初期のポスターから抜け出てきたようでした

着るものももちろんですが、髪型や化粧にもその時代のスタイルがあるのだなということ、それらすべてが相まってその「時代」というものを作り出しているのだなと改めて感じました。

本日の第2回セミナーでも実際のモデルを使ってデモンストレーションをする予定です。
講演と合わせて、モデルさんのそんな細部を見るのもおもしろいかもしれません。

神戸ファッション美術館 
特別展示「華やぐこころ 大正昭和のおでかけ着物展」
セミナー「聞いて、見て アンティーク着物―京都古布保存会 銀閣寺つぼみコレクションより―」
 「華やぎの帯結び」3月22日(土) 13時~

神戸ファッション美術館、またお隣の神戸ゆかりの美術館でも今後も各種イベントを続々開催の予定です!
どうぞご期待下さい。

こまち