follow me

帯とコルセットの意外な関係!?

こんにちは。

神戸ファッション美術館の受付では、次の特別展示
「ポワレとフォルチュニィ展 ―コルセットをめぐる冒険―」
新しいパンフレットを配布し始めました。

現在の、「着物」展から「コルセット」展とは、ガラッと
雰囲気が変わるなぁ~と思っていましたが…
着物とコルセットの意外な接点を思い出しました。

明治時代に、日本でも洋服の受容が本格的に始まったとき、
男性用は公的な“制服”として、比較的すんなり普及し始めたの
ですが、女性用は同じ歩調では進みませんでした。

女性の洋装の普及が進まない一方で、今ではあまり知られて
いませんが、「和服を改良したらいいじゃないか!」という運動が
あったのです。

その理由としては、和服が運動に適さない、機能的でない
というものでした。新しい時代には、女性も運動をして
どんどん健康にならなくてはいけないのに、あのような幅広の
帯を締めていてはだめじゃないか!という意見です。

改良運動家や、教育家たちは、婦人雑誌などで帯の弊害を
熱心に説いたのですが、そのときに喩えとして出されたのが、なんと
「西欧のコルセット」と「中国の纏足」でした。
「日本の帯」と合わせて「世界三大悪弊」とまで言う人もいました。

幅広で胸高に締めた帯は、たしかに装飾的で運動には適しません。
でも、改良運動家たちが唱えたような、帯を廃止した
新しい着物は、あまりにデザインが斬新すぎて、人々には
受け入れられなかったのです。

現在の「華やぐこころ 大正昭和のおでかけ着物展」に展示されて
いる、数々の帯…
モダンなもの、シックなもの、ため息が出るほどの
古典柄などなど…。

わたしたちが今見る帯も、もしかしたら違う形になっていたかもしれない
と思うと、ちょっとおもしろい気がします。

紹介した「帯の弊害」については、明治期に刊行された婦人雑誌
『女学雑誌』『女鑑』『女学世界』『婦女新聞』などでちらほら
記事を見ることができます。いずれも復刻版が出ており、
大学図書館などに配架されていますので、
興味のある方はぜひどうぞ!

  • 2008/03/31 |
  • 10:04 |
  • ファッション
  • admin |
  • この記事のURL
  • Trackback(0)
  • Tweet!

華やぐこころ

本日はあいにくの雨模様ですね
季節は春だというのに肌寒くってまるで冬に戻ったような感じです。
この寒さに咲き始めた桜達もキュっと縮こまってしまっています。

ご好評頂いております「華やぐこころ 大正昭和のおでかけ着物」展も残すところ、
あと1週間となりました。
お足もとの悪い中、本日もたくさんのお客様にご来館頂いております。

こちらは本日のミュージアムツアーの様子。

今回は本当にたくさんのお客様にお着物でご来館頂きました。
皆さんとっても素敵な着こなしでいつになく華やかな美術館になりました。
そんな華やかな光景が目に出来るのも後少し
もう御覧頂きました方もそうでない方も会場の華やかな雰囲気を味わいに
神戸ファッション美術館に是非是非ご来館下さい。
お待ちしています

pigmin

  • 2008/03/30 |
  • 17:04 |
  • つぶやき
  • admin |
  • この記事のURL
  • Trackback(0)
  • Tweet!

VOGUE

春は別れの季節・・・。
いつも明るく楽しく優しいM先輩も三月末で退職・・・と思うと、気が沈みます。
溜息をついていると、お隣でも同じように俯いている人が。
まあ、幸せが逃げますよ、と声を掛ければ

なんと M先輩ではありませんか!?

えー先輩、春に向って希望だらけでしょうに、何故!?
泣きたいのは置いてかれるこっちですよ!?
ど、どうしたんですか・・・?


ブログが出来ない?
そそそそうですか。がんばってくださ――去ろうとして失敗しました。
最後の頼みで、代筆です(いいのかなー)。

皆さま、神戸ファッション美術館ライブラリへ足を運んでいただいたことはおありでしょうか。
百聞は一見にしかず、ぜひ一度お越しください。
たくさんのファッション雑誌があります。
anan、CamCan、JJ、装苑、Figaro Japon、Popye,Men’s Nonnoなどなど。
もちろん、開架資料の閲覧はご自由に。
中でも1番の人気はVOGUEです。
一言にVOGUEといっても、
アメリカ、イギリス、フランス、スペイン、ドイツ、イタリア、オーストラリア、そしてニッポン(日本)。
各国で編集・出版されたものがございます。
先輩からのリクエストで調べた所によると、各国誌それぞれに特徴があるとのこと。
詳しくは、どうぞ実際に手にとってご覧ください。
言葉が解らない、とのご心配は無用。辞書類も充実してます。
なーんて、写真を見るだけでも楽しいのですが。

歴史は古く、アメリカ版が1892年(116年前!)に創刊。
どれどれ、当館の所蔵はと『洋雑誌リスト』を見てみると、1892年~(欠号有り)。
これも、詳しくはライブラリーのカウンターに置いてある『洋雑誌リスト』をご覧ください。
古いバックナンバーは書庫に入った閉架資料ですので、閲覧にはライブラリーカードが必要です。
またまた、詳しくはこちら

はい、できましたよ、M先輩。
最後に一言、お願いします。

ありがとうN野!マハロ。
これで、明日から旅立てます。

また、来てくださいね。

参考文献:『ファッション辞典』 文化出版局 ISBN 4579501586)
↑これも所蔵してます。
請求番号は、0101=FASです。660ページからの「外国のファッション・マガジン」で調べた俄か知識でした。

   N野&M

  • 2008/03/29 |
  • 18:19 |
  • ライブラリー
  • admin |
  • この記事のURL
  • Trackback(0)
  • Tweet!

脱コルセット

4月17日(木)から、特別展示「ポワレとフォルチュニィ展 -コルセットをめぐる冒険-」が始まります。

今回の展示は前期・後期と分かれており、大半の作品が入れ替わります。

前期展示 4月17日(木)~5月27日(火)  
後期展示 5月29日(木)~7月1日(火) 

ポワレの作品は、夫人が所有していたものがほとんどで非常にグレードが高く、
昨年メトロポリタン美術館で開催された、ポール・ポワレの回顧展に匹敵するもので
今回は日本でのお披露目というような形になります。

フォルチュニィの作品は、日本にあるものの8割方を集めますので
前後期あわせると、これだけ見ることができるのは世界初といえるでしょう。

↓特別展示ページ↓
ポワレとフォルチュニィ展 -コルセットをめぐる冒険-

3Fライブラリーでは、関連図書コーナーも設けていますのであわせてご覧ください。
ライブラリー内のミュージアムショップでは、第3回出品者を募集中です。
現在の出品者はこちらです。

tama

  • 2008/03/28 |
  • 17:19 |
  • お知らせ
  • admin |
  • この記事のURL
  • Trackback(0)
  • Tweet!

現在の出品者

3Fミュージアムショップ[museum in museum]
現在の出品者です。

このショップは、クリエーター、アーティストがデザインし、
製作した商品や作品を販売するスペースを提供し、
今後の事業の展開・拡大を支援していこうとするものです。

001—————————————–

Gum-A-MAMA LEAHERS
革鞄・財布    

詳細ページへ

002—————————————–

dij
靴・家具  

詳細ページへ

003—————————————–

Moments of being
Tシャツ・ソーイングセット・布バッグ・ポストカード 

詳細ページへ

004—————————————–

WAM芸術環境フォーラム
インテリアアート 

詳細ページへ

005—————————————–

rever en h.
アクセサリー 

詳細ページへ

006—————————————–

LAUGH JEWELS
(イラストレーター ホラグチ カヨ)
アクセサリー 

詳細ページへ

007—————————————–

Fachetty Bijoux
アーティスト:Jimmy Fachetty(ジミー・ファチェッティー)
アクセサリー 

詳細ページへ

008—————————————–

studio at
バッグ 

詳細ページへ

009—————————————–

FEELER
アクセサリー
 

詳細ページへ

—————————————–

ミュージアムショップ[museum in museum]