follow me

きものコーディネイトスナップ(5)

開催中の「華やぐこころ 大正昭和のおでかけ着物」には
きものをお召しの方も多くいらっしゃいます。

そこで着物でご来館の方に、撮影をお願いしました。
ご協力くださったみなさまありがとうございます。

どのお客様も、すてきな着物ライフを楽しんでいらっしゃいます。
このブログで少しずつご紹介していきます(^^)/ 第5弾目!

華やぐこころ 大正昭和のおでかけ着物」展では、着物でおでかけのきっかけになればと
着物(和装)でご来館の方は入館料無料にしております。

洋装のお客様も、和装のお客様を発見する楽しみがあるようです。
まだご来館でない方、きものコーディネイトアルバム第5弾は、いかがでしたでしょうか。
この企画はまだまだ続きます。
みなさまのご来館をお待ち申し上げております。

  • 2008/02/24 |
  • 14:08 |
  • ファッション
  • admin |
  • この記事のURL
  • Trackback(0)
  • Tweet!

きものコーディネイトスナップ(6)

開催中の「華やぐこころ 大正昭和のおでかけ着物」には
きものをお召しの方も多くいらっしゃいます。

そこで着物でご来館の方に、撮影をお願いしました。
ご協力くださったみなさまありがとうございます。

どのお客様も、すてきな着物ライフを楽しんでいらっしゃいます。
このブログで少しずつご紹介していきます(^^)/ 第6弾目!

華やぐこころ 大正昭和のおでかけ着物」展では、着物でおでかけのきっかけになればと
着物(和装)でご来館の方は入館料無料にしております。

洋装のお客様も、和装のお客様を発見する楽しみがあるようです。
まだご来館でない方、きものコーディネイトアルバム第6弾は、いかがでしたでしょうか。
この企画はまだまだ続きます。
みなさまのご来館をお待ち申し上げております。

  • 2008/02/24 |
  • 10:13 |
  • ファッション
  • admin |
  • この記事のURL
  • Trackback(0)
  • Tweet!

めくるめく柄と色の時代

去る2月23日は、“華やぐこころ 大正昭和のおでかけ着物”講演会、『めくるめく柄と色の時代』を開催いたしました。
講師は、今回の展示を企画いただきました、神戸ファッション造形大学の青木美保子先生です。

先生には、百貨店の企画によって創出された、大正昭和初期の着物の新柄開発のしくみについてお話しいただきました。

講演会場内には、お着物の方も多くいらっしゃいました。

先生のお話の中で印象的だったのは、近世の小袖には自然発生的な流行として描かれていた模様が、時を経て昭和の初期には、着物の中に描かれる模様=流行は創りだされるものとして、百貨店で年に2回、新柄開発が行われ図案が決定されたこと。その流行発表の媒体として、雑誌との連携が大きかった・・・ということでした。
この仕組みは、今の私たちのごく身近になじみのあるものではないでしょうか。現在も季節ごとにデザイナー(ショップ)から流行のスタイルが発表されますが、それらを目撃するのは、店舗に足を運ばなくても、雑誌を開くとあふれ出す情報がまさに最新トレンド。そのような仕組みが、80年も前に日本にもあったとは・・・
また、当時流行した柄行の図案を拝見していると、洋服の中に取り入れてもマッチしそうなモチーフがたくさんあって、着物の見方が広がりました。
『ファッションは社会の関心事―――あらゆる人が夢中になっていたもの』という言葉に、深くうなずく講演会でした。
misaki

神戸キラキラスポット2

こんにちは!

最近だいぶあたたかくなり、日差しにも春を感じるようになりましたね
神戸ルミナリエ→掬星台(摩耶山)とつづき、今回はさらに身近な神戸の光についてお知らせしたいと思います。

前回掬星台(きくせいだい)という、高い場所からみた夜景をご紹介しました。でもその逆、下から見上げる、せりあがるような夜景というのはなかなか目にする機会がないのではないでしょうか?

神戸ファッション美術館のある六甲アイランドは海上の人工島ですが、その人工島と陸地をつなぐ六甲大橋からは実はとても綺麗なせりあがる夜景が見られるのです。

(うまく写真がとれませんでした 実際はもっと綺麗です

背後にひかえる六甲山がすぐ近くにせまっていることと、その山の中腹にまで住宅地が広がっていること。そんな条件があの夜景をつくりだしているのでしょうか。
仕事帰りに六甲ライナーの中から見る夜景はとても綺麗です

そして、神戸ファッション美術館から三宮方面に行かれる方はぜひバスをお勧めします!
神戸ファッション美術館の近くにある神戸ベイシェラトンホテル&タワーズさんのところから三宮駅前直行のシャトルバス「サブローバス」が出ています
このバスの中から眺める夜景の美しいこと…

神戸ファッション美術館に来て、ちょっと遅くなってしまった。そんな日の帰り道には六甲ライナーやサブローバスからの夜景をどうぞお見逃しなく。

六甲ライナーでしたら一番先頭の車両、サブローバスでしたら進行方向右側の列に座ることをお勧めしますよ

こまち

六甲ライナー → 神戸新交通株式会社
サブローバス → 日本交通株式会社

  • 2008/02/23 |
  • 11:12 |
  • つぶやき
  • admin |
  • この記事のURL
  • Trackback(0)
  • Tweet!

太陽の塔で

私はこれでテンションが上がります

            

岡本太郎の 『太陽の塔』です。

   

顔はとぼけてるのですが大きくて堂々としていて、太郎さんのパワーとエネルギーを感じます。
そして彼の自由な精神が私を心地よくしてくれるのでしょうか。

彼の本を読むと人が生きていくために芸術が日常には不可欠だということが本当にわかります。

神戸ファッション美術館ライブラリーではファッションに関する本はもちろん、現代アートやデザインの資料もたくさん所蔵しています。

みなさんも心を自由にして、アートでテンションを上げてみてください

momi

  • 2008/02/22 |
  • 10:01 |
  • つぶやき
  • admin |
  • この記事のURL
  • Trackback(0)
  • Tweet!