follow me

太陽の塔で

私はこれでテンションが上がります

            

岡本太郎の 『太陽の塔』です。

   

顔はとぼけてるのですが大きくて堂々としていて、太郎さんのパワーとエネルギーを感じます。
そして彼の自由な精神が私を心地よくしてくれるのでしょうか。

彼の本を読むと人が生きていくために芸術が日常には不可欠だということが本当にわかります。

神戸ファッション美術館ライブラリーではファッションに関する本はもちろん、現代アートやデザインの資料もたくさん所蔵しています。

みなさんも心を自由にして、アートでテンションを上げてみてください

momi

  • 2008/02/22 |
  • 10:01 |
  • つぶやき
  • admin |
  • この記事のURL
  • Trackback(0)
  • Tweet!