follow me

雲を眺めて

みなさん こんにちは
本格的な冬到来ですね
寒空の下では 足取りも速くなって
ゆっくりと空を眺めたい気分ではありませんか?

顔を冷気にさらしながらも 雲を眺めたい
最近そんな気持ちが増したのは
この本との出会いからです

ギャビン・プレイター=ピニー著・桃井緑美子=訳
『「雲」の楽しみ方』
(河出書房新社、2007年)

著者は2004年に「雲を愛でる会」を設立
その会の声明書には

・雲がなければ人生は果てしなく味気ない
・万人にひらかれた雲
・「青空一辺倒思考」と戦う
・雲から大気の気分を読みとれる

などの言葉があります

世界中の会員から寄せられた豊富な写真とともに
愉快で変てこな雲の一族を紹介しています
雲の種類や名前 なりたちもわかりやすく説明されています
文字通り 雲を眺めるのが好きになる本です
「もし、くる日もくる日も青一色の空を見せられたら、
人生は退屈だ--」
ごもっとも
興味のある方はぜひ一読ください

外で雲を眺めるのもいいけれど
屋内でたくさんの雲の写真を見たい方は
どうぞ神戸ファッション美術館ライブラリー

蔵書のなかには “landscape”,“ sky” 関連の写真集も豊富です
あなたが出逢いたかった雲が
ここで見つかるかもしれません

ぱはりーた

  • 2008/01/15 |
  • 10:13 |
  • つぶやき
  • admin |
  • この記事のURL
  • Trackback(0)
  • Tweet!