follow me

年末年始休館のお知らせ

2007年は沢山の方にご来館いただき、こころから感謝申し上げます。

年末年始の休館期間は、
12月29日(土)から2008年1月3日(木)までです。

新年は、1月4日(金)より通常どおり開館いたします。

2008年も神戸ファッション美術館を、よろしくお願い申し上げます。

家紋

みなさんはご実家の家紋を御存知ですか?

ある時、祖母の着物の背中心部分に紋様が入っているのに気づき、家紋の存在を知りました。

家紋には、動物、植物、用具、建造などなど、、たくさんの分類があるそうです。

日本だけで241種5116紋以上の家紋があるとか。

 家紋が使われる最もポピュラーな例は、呉服の紋付きで、大きさには標準寸法があるそうです。
一つ紋・三つ紋・五つ紋など、それぞれ着物の格に合わせて選ぶそうですが、他に、婦人の礼服につける紋は「女紋」と呼ばれるものもあるとか。

お正月、着物を着る機会があれば、一度、紋様を探してみてはいかがでしょうか。

興味のある方はこちらから家紋を探ってみて下さい

be.

  • 2007/12/28 |
  • 10:32 |
  • つぶやき
  • admin |
  • この記事のURL
  • Trackback(0)
  • Tweet!

ヘアスタイル。

まっつんです 

先日、韓国ソウルに遊びに行って来ました

そこで、衝撃を受けたのが若い女の子のヘアスタイルです
なんと言えばいいのでしょう・・・

皆さん「パッツン前髪」、通称「パッツン」を覚えていますか
かつて日本で流行った前髪です
これでもかというくらいに真っ直ぐな前髪を指します

そのパッツンが今の韓国で流行っているようで、すれ違う女の子全員パッツンなのです
パッツン前髪には「おかっぱ頭」と「オン・ザ・眉毛」がもれなく付いてくるのですが、
もちろん韓国でもそうでした
多少の長さの違いはありますが、基本形は変わりません

本屋さんでファッション雑誌を見てみると、
モデルさんがパッツンおかっぱスタイルでオシャレに写真に納まり、
見出しには「Beautiful Hair」の文字が

イメージとしては、南海キャンディーズの山ちゃんを想像していただければイメージどおりです
もうちょっと長めの髪で・・・
その髪型を可愛い女の子がしている感じです

その髪型に衝撃を受けたわけではなく、ほぼ全員がその髪型であることに衝撃を受けました
ちょっと小さいですが、下の写真の半数以上はその髪型だと思っていただいても大丈夫なくらいです

よく観察していると、どうやら20代前半まではその髪型のようです
街で見かけた髪の毛がまだ生え揃ってない赤ちゃんの前髪もパッツンでした

ちなみに同じくらいの男の子のヘアスタイルは、ブルース・リーのようでした
やはりBeautiful Hairが主流のようです
しかし、女の子ほど全員というわけでも無く、無造作ヘアの男の子もいました

韓国のおば様たちは、ちびまる子ちゃんのお母さんみたいなパーマでした
パッツン世代と同じく、ほとんどの方がパーマでした

どこの国も女性の方が流行りに敏感なんですね~

雑誌と街中の女の子を見て思ったことは、どこの国も美容院での髪型は長続きしないんだなぁということです

  • 2007/12/27 |
  • 10:00 |
  • ファッション
  • admin |
  • この記事のURL
  • Trackback(0)
  • Tweet!

着物でおでかけ

1月26日(土)より特別展示 「華やぐこころ 大正昭和のおでかけ着物
がはじまります。

着物が日常着であった時代に思いを馳せて、着物ライフを楽しむきっかけになれば。。と
着物(和装)でご来館の方は入館料を無料にしました。

着物の見どころを、さまざまな視点によりご紹介するイベントも開催します。

開催初日は、
聞いて、見て アンティーク着物
京都古布保存会 銀閣寺つぼみコレクションより―

第1回セミナー 「昭和の着付け
を行います。

着物が日常着であった昭和の時代、着付けも現代のものとは大きく異なっていました。
本展の作品所蔵者である京都古布保存会の似内惠子氏が、
実際のモデルを使ったデモンストレーションで当時の着付けを解説します。
着物と帯の取り合わせから、昭和初期という時代を浮き彫りにしてゆきます。

また、着物ライフをはじめたばかりの方向けに、
「外出先で着崩れしたらどうしよう」「きれいに着こなせるかしら」との
不安にお答えしているページを見つけました。
回答者は、 当館で3月9日(日)にスペシャルイベントを演出してくださる上田假奈代氏です。
リンクは下記から。

神戸ファッション美術館↓
華やぐこころ 大正昭和のおでかけ着物展

上田假奈代氏による↓
教えて!おでかけのプロ

皆様のお越しをお待ち申し上げております。

tama

年賀状

今年も残すところあと僅かとなりましたね。
いつもこの時期になると私の頭を悩ませることがあります。

それは「年賀状」のこと・・・。

毎年毎年、今年こそは早めに書くぞ!と意気込みながら、
いつも後回しになって結局ギリギリで慌てて投函するはめになって
しまいます
今年も例年通りそのコースをたどりそうな予感です。
どんな年賀状にしようかとインターネットでデザイン等を検索していると、
こんなサイトを発見しました。

「年賀状博物館」

WEB上の博物館なんですが、著名人の年賀状や世界各国の年賀状が
展示してあったり、年賀状の歴史や、年賀状の正しい書き方等が載っていて
なるほどな思います

ここ最近では、年始の挨拶をメールで済ませるなんて事も増えていますが、
やっぱり手書きの年賀状はその人の心が入っていて嬉しいものですよね。

当館では次回展示の告知ポストカードを作成しました。
この度、新春にピッタリなこのポストカードを置いてくださる所を募集しております。
ご興味持たれた方はこちらまでご連絡ください。

pigmin