follow me

あすから クリスマス気分!

こんにちは!

神戸ファッション美術館では いよいよ明日からフェリシモクリスマスアーカイブズコレクションの展示が始まります。 今回もヨーロッパの5つのスタイルのツリーをつくりました。 サンタの小物やカードもかわいくて楽しいもの揃いです。

ゆっくりご覧になって、クリスマスの計画をたてられてはいかがでしょうか?

H.O

更紗とプリント☆★

こんにちは☆トライやるウィーク中sakkaデス(ж´▽`Λ)
今日は更紗とプリントの関係を書きたいと思います!

更紗とは幾何学文や動植物文などの様々な文様を
染色技法で表した布のことです。
技法には、木版、銅板、壁紙などを使った
捺染(なっせん)、糊などの手書きの防染(ぼうせん)、
さらにはその模様布の上に金箔や金泥で装飾した
印金などがあります★☆

更紗は発祥地インドより世界各国に伝えられ、
インドネシアやヘラン(ペルシャ)などのそれぞれの
地で独自の更紗が作られました($^▽^)/

15世紀初期、明(中国)との貿易や南蛮貿易に
よってこれらの更紗は日本へもたらされたそうです◇◆

更紗とゆう言葉、どうやら日本だけにしか
通用しない言葉だそうです(〇Ц○)/!!
他の国ではもっともっと難しい発音みたいで…
日本で良かったですよね(▽)わら

最後に結論ですが
プリントとは布に柄を捺染する染色技法全般の事で
技法的には更紗と同じものなんです☆
プリントは更紗から生まれたものだったんですね♪

以上トライやるウィーク中のsakkaでした(§´口`)☆ж

☆イメージの冒険★

私は、11月12日~16日までのトライやるウィークに来た、MANAKOです

美術館には色々な服がたくさん置いてありました。昔の服から現代のふくまで、さまざまな、形、色などユニークな服がありました(●´∀`●)
中でもも、私が一番注目したのは、このティエリー・ミュグレーさんの「イマノイド Imanoido」と言う服です

この服は1991年にフランスで作られた服です。
イメージの冒険
80年代以降のファッションの領域では、社会に存在する様子など、境界線を越境とするような実験が行われるようになり、社会的に役割として、西洋と非西洋、下着と上着、「見せる」と「隠す」、ハイファッションとストリート・ファッション、晴着と普段着など、それぞれの間にある境界線を揺さぶってみたり、踏み越えてみたり、ずらしてみたりと、デザイナーさんたちの新しいファッションの可能性を試行していました。
このジャケットの構造は見方によっては日本のロボット・アニメの影響を読み取ることができます(*^_^*)

この服もティエリー・ミュグレーさんの作った作品です
「イマノイド」の前に1989年にフランスで作られた、「ビスチェ」と言う服です(○^◇^○)

神戸ファッション美術館にはこのような服などたくさん飾られていますますぜひ、お越しください
トライやるウィーク中MANAKO

コルセット

初めまして!!トライやるウィーク中のyokoです\(ゞд<)/
コルセットってクジラの歯やワイヤー、竹などで、できているって
知ってましたか!?

なぜコルセットをしていたか。それは結婚するためです。昔はウエストが細くないと結婚できませんでした。

この形はバッスルスタイルといいます。このような形のドレスが、たくさんあるのでぜひ来てくださいネ。トライやる中のyokoでした♪

フェリシモ クリスマス アーカイブス コレクション展

 こんにちは!!トライやるWeek中のhiroですッ♪

もうすぐクリスマスですねヽ(*´∀`*)ノ゜今、神戸ファッション美術館では、11月17日から始まる「フェリシモ クリスマス アーカイブス コレクション展」の準備をしています。

 美術館を入ってすぐに見えるとても大きなクリスマスツリー。
これは一番最初にもみの木で飾ったフランスのアルザス地方のクリスマスツリーをイメージして飾っています☆
他にも、ドイツ・北欧・アイリッシュ・イタリアのクリスマスツリーも飾ります(*^U^*)どの国のツリーもかわいくて、日本ではあまり見ないおもしろいオーナメントで飾ってあります!!

それから、カードやろうそくなどのクリスマス小物もたくさん展示します!
 是非、見に来てください

トライやるWeek中のhiro