follow me

マリンコレクション

みなさん こんにちは

神戸ファッション美術館ライブラリーでは、ファッション資料室の収蔵品のひとつ、マリンコレクションを一部公開しています。

マリンコレクションとは、ファッション資料室で収集しているマリンに関する資料のことで、ファッションに限らずマリンに関する製品を数多く収蔵しています。
 
資料室独自のテーマとして取り上げている「マリン」。これは、神戸が港町であるということに加え、マリンのファッションには、ダッフルコートやPコートといったアイテムの起源になったものがあり、レディスだけでなく、メンズファッションを見る上でも、重要なアイテムが含まれているからです。
マリン・ファッションといえば、まずセーラーカラーや紺と白のボーダーを思い浮かべますが、これだけではなく、世界各国の海軍の制服や、おもちゃ、文房具、船に使われる照明や金具に至るまで、世界各地から広く収集しています。その収蔵品の数はおよそ7000点にも及びます。

ライブラリーでは、このマリンコレクションを、マネキンやケース展示を通して公開し、写真やイラストでは知ることのできない実物としてご覧いただいています。
展示替は毎月の初め。
一雨ごとに秋が深まりつつあるこの季節、
11月はすっかり暖かみのあるマリンです。 
セーターのボタンや留め具にも興味深いデザインがほどこされています。
地域や時代を越えたマリンコレクションのアイテムたち。ライブラリーでお待ちしています。

神戸ファッション美術館では、1階ロビーにおいて、来年1月26日(土)~4月8日(火)の日程で、マリンコレクション展を開催する予定です。こちらも是非お楽しみに。

ぱはりーた

  • 2007/11/03 |
  • 10:49 |
  • ライブラリー
  • admin |
  • この記事のURL
  • Trackback(0)
  • Tweet!