follow me

LOUIS VUITTO meets JAPAN

"LA BOITE LAQUEE WAJIMA"
ボワット・ラケ


ルイ・ヴィトンが能登・輪島の伝統技術復興を支援するために、輪島塗職人たちとコラボレート制作していたモノグラム小物ケース“BOITE LAQUEE WAJIMA”(限定200個製作)が、ついに出来上がりました!
この春能登・輪島を襲った地震の影響で、輪島塗の職人たちが廃業を余儀なくされる事態に陥ったことを伝え聞いたルイ・ヴィトンが、復興支援を呼びかけ、実現したこの夢のプロジェクト。ルイ・ヴィトンの伝統的技術と革新的な感性が融合したクラフトマンシップと、日本を代表する伝統工芸である輪島塗の技術と物づくりの精神とは、高いレベルで呼応しあう部分が感じられます。そんな共通項からこの企画は始まり、今回無事にその結晶である輪島塗の“BOITE LAQUEE WAJIMA”が完成したのです。
コラボレーションの指揮を執ったのは、現代の輪島塗の第一人者である桐本泰一氏。輪島塗は完成までの間に、多くの職人がそれぞれの専門技術を発揮し丁寧に作られていきます。木地作りから、何度も塗っては研ぐ下地塗り、そして上塗り、蒔絵とたくさんの工程を経てようやく完成に至ります。
モダンな六角形で、黒漆に金蒔絵が施された贅沢な作り。ベンガラ漆を塗った内部はアクセサリーを入れても傷がつかないよう工夫されています。

磨りガラスにこすりつけて研いでゆきます。下地職人の地道な作業です。そして、漆刷毛で丁寧に漆を塗ります。その後の作業は蒔絵師に。蒔絵師の作業箱には色調の異なる数種類の金粉が。
モチーフの型に白粉を付けて模様をケースに転写、漆を付けた筆でなぞります。先に網のついた粉筒から金粉をふりかけ、余分な金粉を払うとゴールドが浮かびあがります。
こうしてできた輪島塗は、欠けたり、ヒビが入ったりしても、きちんと修繕できます。
長年愛用できるところも、ルイ・ヴィトンの鞄と共通します。

                             

2008・SSで発表された商品の中には、金箔の市松模様と好相性のゴールドのモノグラム・モチーフ・ブレスレットや、かんざしを思わせるキーホルダーなどもあります。

職人は1つ1つの技術に高い誇りを持ち、日々技を磨いています。その姿勢は、日本の伝統的職人もヴィトンの鞄を作る職人も同じです。国や作るものが違っても変わらないのです。

神戸ファッション美術館のライブラリーでは、最新ファッションショーの映像やルイヴィトンの本などを取り揃えております。ぜひ、興味のある方は足を運んでいただければと思います。
ルイヴィトンが世界中で愛され続ける秘密が少しでも理解いただけるのではないでしょうか。

                                     WAIYAH

  • 2007/11/30 |
  • 15:30 |
  • ファッション
  • admin |
  • この記事のURL
  • Trackback(0)
  • Tweet!

冬といえば・・

みかん

こたつと共に寒い冬を共に乗り越える戦友です
この季節 私の手は ほのかに黄色く色づきます

願わくば果汁たっぷり はじけんばかりの果肉をぎゅっととじこめた あまーいみかんがいただきたい・・ と 神戸ファッション美術館周辺を彷徨っておりましたら

みつけました

こちらよりあい向洋

愛媛県西宇和郡でとれた減農みかんです
形も色も大きさもばらばらで 見た目は少し不細工ですが
太平洋の潮風にさらされて 甘みが増したのですね
味が濃い! やわらかい!

山盛りダンボールから好きな分だけ袋につめれます 
扁平型の小ぶりのものが甘い と教えていただいたので いつも選ぶ手に つい力が入ってしまいます

1キロ 350円
(箱の横に併設されている ハカリ を使ってください)

よりあい向洋 にはみかんの他にも NPOひょうご農業クラブ で育った無農薬野菜や無添加食品が毎日朝一番にとどきます

無農薬のため傷みも早いのですが 店内は生き生きした旬の野菜や食品でいっぱいです

神戸ファッション美術館から歩いて5分ほどの場所にございますので
お越しの際に ぜひ覗いてみてください
                                tm  

着物でおでかけ

先日、七五三参りに行ってきました。七五三参りは子供の成長を祝う年中行事です。皆さんもご自分の頃を思い出してみてください。いつもと違う装いでお出かけするのにドキドキしませんでしたか?今回主役の我が家の7歳の姫様も着物を着るのをとても楽しみにしていました。
口紅も塗ってもらいとてもご機嫌でした

神社では他にも七五三参りにきた家族がたくさんいました。着物もそれぞれ色んな柄があってとっても華やかでした
そんな子供たちの着物を見ていると、自分も着物が着たくなってしまいました。着物で紅葉狩りなんてのもいかがでしょう。神社仏閣めぐりなんてのもいいかもしれません

最近では着物のリサイクルショップなどもよく見かけ、お手ごろな値段で着物が買えたりしますね。街で若い女の子がかわいく着物を着たりしているのを見かけます
古風な柄やモダンな柄、半襟もレースをあしらったり様々帯の結び方も流行なんかがあるそうですね。

神戸ファッション美術館では来年の1月26日(土)から「華やぐこころ 大正昭和のおでかけ着物」展が開催されます
大正、昭和時代の綸子や銘仙などの着物が見れるのはもちろん、実際にマネキンに着物を着せ付けるのだそうです当時の流行の着方が見れるというのはかなり魅力的です!楽しみです!
自分で着るときの着こなしの参考にもなるのではないでしょうか

きん

  • 2007/11/27 |
  • 10:00 |
  • ファッション
  • admin |
  • この記事のURL
  • Trackback(0)
  • Tweet!

コレクションDVD入荷

多くお問い合わせいただいていた、最新ファッションショーのDVDがご覧になれるようになりました!

3階ライブラリーにて、2007年春夏からのコレクション映像の収集を再開しています。

各都市(パリ、ミラノ、ニューヨーク、東京)のプレタポルテ
パリ・オートクチュール、パリ、ミラノのメンズコレクションに分けて
DVDにまとめられたものです。

1枚のDVDに、10~20名のデザイナーのショーが納められています。(1人約5分)
これは1枚でたくさんのデザイナーの作品が見れるすぐれモノです。

現在、最新のものは2008年春夏コレクションです。

神戸ファッション美術館 ライブラリー
TEL 078-858-0055
10:00~18:00 水曜休館

  • 2007/11/26 |
  • 11:26 |
  • お知らせ
  • admin |
  • この記事のURL
  • Trackback(0)
  • Tweet!

フリーマーケット

毎週日曜日になると、神戸ファッション美術館前のリバーモールに沿ってフリーマーケットが催されます。

六甲アイランドフリーバザールの商品はリサイクル品や服飾小物など色々で、毎回たくさんの人が出店し賑わっております。

六甲アイランドには外資系企業が進出しており、外国の方もたくさん生活されていますので、国際的な雰囲気が漂っています。

みなさん色んな商品を出展されています

開催概要はこちら
【入場料】:無料
【開催時間】:11:00~16:00
【出店料】:2,500円
【手荷物ブース】:3m×4m
【搬入出場】:有

ご興味のある方はこちらをご覧下さい
六甲アイランドフリーバザール実行委員会

そして六甲アイランド以外でも、
神戸ポートタワー前広場・メリケンパーク広場・
ホームスタジアム神戸(神戸ウィングスタジアム・御崎公園駅)
・総合運動公園駅前広場 など、
神戸市内のフリーマーケット情報もございますので、
観光気分でお出かけされてみてはいかがでしょうか
神戸みなと市のリサイクルマーケット

**be