follow me

「パジャマ」と「ピジャマ」

私達が毎日何気なく着ている「パジャマ」、この語源がどこからきているかご存知ですか?

なんとなく、ヨーロッパあたりからきているのかなぁ?

なんて思いませんか(と言うか恥ずかしながら私はそう思っていました・・・)?

実はこの「パジャマ」、インドの民族衣装「ピジャマ」からきているそうです。

「ピジャマ」は私達の知っている「パジャマ」とは違い、

衣装のズボン部分のみを指し、上衣に「クルタ」と呼ばれる衣装を着用します。

↑こちらは、現在開催中の「薄布のドレス展」で展示されている、

インドの王侯貴族が実際に着ていた衣装です。

「ピジャマ」を履いているのが分かりますか?

この他にも、会場ではこんな豪華な衣装を展示しています↓

こちらは、女性用舞踏衣装なんですが、これには驚くべきものが織り込んであるんです。

それは、なんと本物の「金」や「銀」写真では少し分かりづらいかもしれませんが、

よーく見て頂くと「金」と「銀」が薄く糸状にカットされて織り込んであるのが分かりますよ。

もっと、近くで御覧になられたい方は、ぜひぜひ、神戸ファッション美術館にお越しくださいね

ishiyumi

  • 2007/10/23 |
  • 10:00 |
  • ファッション
  • admin |
  • この記事のURL
  • Trackback(0)
  • Tweet!