follow me

[グッドデザイン展]館外クロストーク@KIITO、昨夜はプロダクトデザインの世界!今夜は地域とデザインがテーマです!

みなさま、こんにちは!

特別展「GOOD DESIGN AWARD 神戸展」は、

神戸市がユネスコ創造都市ネットワーク「デザイン都市」認定10 周年を迎えたことを記念して

開催の運びとなりましたが、「デザイン都市・神戸」の拠点施設である

KIITO(デザイン・クリエイティブセンター神戸)でも「館外クロストーク」イベントが

昨日、きょうの2日間開催されます。

昨日は鈴木啓太審査委員と寳角光伸審査委員をゲストに

「良いものをつくる良いデザイン」と題して開催されました。

コーディネーターは日本デザイン振興会の秋元淳課長。

お二方ともに、グッドデザイン賞を受賞された「プロダクトデザイナー」で

いらっしゃいます。

とにかく、お二方のデザインされた製品の美しさといったら!

まさに「良いもの」=「グッドデザイン」に挑戦し続けていらっしゃる

デザイン界のトップランナーといっていいでしょう。

鈴木さんも、寳角さんも明快な言葉でデザインを定義づけられました。

「デザインとは「意匠」。意=ヴィジョン、想い 匠=技術、美しさ、機能」

「ものづくり→もの売り、もの広め、もの語り」

「これからのデザインで大事なのは、ローカリティー」

「いま残ってきたものを、次世代にバトンを渡す」

「なんとなく新しいことをやりたい  という人に対して、

卓袱台をひっくり返す的なことをやることもある」 などなど。

そんなお二人に、

特別展「GOOD DESIGN AWARD 神戸展」でのおすすめ

受賞プロダクトについてお聞きしてみました。

鈴木さんは、ユカイ工学の「セラピーロボット qoobo(クーボ)」。

寳角さんは「コニカミノルタのプラネタリウム投映機「コスモリープ Σ」でした。

ぜひ、美術館にてご覧になってくださいね。

しっぽクッションqoobo(クーボ)はさわっていただけます。

また、本日もKIITOでの館外クロストークを開催。

●館外クロストーク

会場:KIITOカフェ(デザイン・クリエイティブセンター神戸1F)

参加費:1,000円

岩佐十良審査委員・天宅正神戸市クリエイティブディレクター

「都市の忘れもの-デザインがその土地でできること」

きょう11月30日(金)19:10~21:10

「よいデザイン」とは、「デザイン」にできることとは?

スペシャルゲストをお招きして繰り広げるトークイベント、

残席あり!のようですよ。ぜひ、ご参加ください。

12月24日(月・祝)まで開催中!
特別展「GOOD DESIGN AWARD 神戸展」
月曜休館

 https://youtu.be/wHNpveQVELM

  • 2018/11/30 |
  • 18:19 |
  • イベント,お知らせ
  • fashionmuseum |
  • この記事のURL
  • Trackback(0)
  • Tweet!

この記事のURL

http://fashionmuseum-blog.com/%ef%bc%bb%e3%82%b0%e3%83%83%e3%83%89%e3%83%87%e3%82%b6%e3%82%a4%e3%83%b3%e5%b1%95%ef%bc%bd%e9%a4%a8%e5%a4%96%e3%82%af%e3%83%ad%e3%82%b9%e3%83%88%e3%83%bc%e3%82%af%ef%bc%a0kiito%e3%80%81%e6%98%a8

TrackBack URL

この記事へのトラックバックURL
(※トラックバックは承認制となっております)

http://fashionmuseum-blog.com/%ef%bc%bb%e3%82%b0%e3%83%83%e3%83%89%e3%83%87%e3%82%b6%e3%82%a4%e3%83%b3%e5%b1%95%ef%bc%bd%e9%a4%a8%e5%a4%96%e3%82%af%e3%83%ad%e3%82%b9%e3%83%88%e3%83%bc%e3%82%af%ef%bc%a0kiito%e3%80%81%e6%98%a8/trackback

Trackback

トラックバックはまだありません