follow me

風邪ぎみ...

まだまだ寒い日が続きますが、皆さんは風邪などひいていませんか。残念なことに私は少々風邪ぎみです。
風邪とは、主にウィルスの感染による鼻やのどなどの炎症性の病気で、せき、のどの痛み、鼻水、鼻づまりそして発熱、倦怠感、頭痛などが現れた状態のこと を言うそうです。その語源は、中国の医学にあり、風の邪気=「風邪(ふうじゃ)」によって引き起こされる、発熱や寒気などの症状をきたす病気の概念が日本 に伝わり、日本で一般化して「風邪(かぜ)」というようになったようです。いずれにしてもうっとしいですね。早く治したいと思います。

今、神戸ファッション美術館では、特別展示「モスリンと毛斯綸-変貌する渡 来布の物語-」を開催しており、メソポタミアに起源を持つ薄地の木綿布である「モスリン」、江戸末期にヨーロッパより輸入さ れ大正から昭和初期に着物などに使われた毛織物である「毛斯綸(もすりん)」という、同じ名前を持つ2つの異なった織物のそれぞれの魅力を紹介していま す。着物でご来館の方は入館料が無料です。

寒い時期ですが、神戸ファッション美術館に足を運んでいただき、温かみのある2つの「もすりん」をご覧いただき、ゆったりとした一時をお過ごしになりま せんか。
心よりお待ちしています。
JIM

  • 2010/01/28 |
  • 11:39 |
  • つぶやき
  • admin |
  • この記事のURL
  • Trackback(0)
  • Tweet!

この記事のURL

http://fashionmuseum-blog.com/%e9%a2%a8%e9%82%aa%e3%81%8e%e3%81%bf%ef%bc%8e%ef%bc%8e%ef%bc%8e

TrackBack URL

この記事へのトラックバックURL
(※トラックバックは承認制となっております)

http://fashionmuseum-blog.com/%e9%a2%a8%e9%82%aa%e3%81%8e%e3%81%bf%ef%bc%8e%ef%bc%8e%ef%bc%8e/trackback

Trackback

トラックバックはまだありません