follow me

藍の世界

現在開催中の特別展示「BORO(ぼろ)の美学-野良着と現代ファッション」では、

何十年も、何百年もかけて使い続けてきた藍染の衣類をたっぷりご覧いただけます。

全体

「ぼろ」という響きにはどこか哀愁が漂いますが、その多様なデザインには驚きます。

藍ひとつとっても、長い年月と人々の働き方によって色あいは全く異なります。

展示の目玉のひとつである田中忠三郎コレクションからは、刺し子の技を駆使して

限られた素材で最大のおしゃれを楽しんでいたことがよくわかります。

前垂れ

繊細なデザインとカラフルな色使いにうっとり・・・

前垂れ4前垂れ1前垂れ2

また、神戸ファッション美術館が誇る東洋の刺繡・パッチワークを展示していますので、比較してみるのも楽しいですよ。

前垂れ3

「BORO(ぼろ)の美学-野良着と現代ファッション」の会期は4月10日(日)まで。

ぜひこの機会に、神戸ファッション美術館にお越しください。

 

まるも

  • 2016/01/30 |
  • 10:07 |
  • お知らせ
  • fashionmuseum |
  • この記事のURL
  • Trackback(0)
  • Tweet!

この記事のURL

http://fashionmuseum-blog.com/%e8%97%8d%e3%81%ae%e4%b8%96%e7%95%8c

TrackBack URL

この記事へのトラックバックURL
(※トラックバックは承認制となっております)

http://fashionmuseum-blog.com/%e8%97%8d%e3%81%ae%e4%b8%96%e7%95%8c/trackback

Trackback

トラックバックはまだありません