follow me

神戸市埋蔵文化財センターへ、衣装と小物、書籍を貸出中です

2017年1月21日(土)から3月5日(日)まで、神戸市埋蔵文化財センターにて「昭和のくらし・昔のくらし11―みなと街神戸 ノスタルジー―」展が開催されています。

omote_1ura_1
約60年間続いた「昭和」は戦争をはさんで、政治・経済が変化し、戦後の電化製品などの普及により、人々の生活スタイルも大きく様変わりしました。そんなちょっと懐かしい昭和の「モノ」たちを集めてみました。
また、今回の展示では、神戸開港150年に合わせ、「こうべ」の街の移り変わりを写真で振り返るとともに、「ファッションの街こうべ」ならではの戦前・戦後の衣服を紹介します。(展覧会チラシより)
こちらの展覧会へ、当館所蔵の服飾資料や書籍の展示協力を行っています。
貸出作品は、子ども用ワンピース、VANの衣装、1930年代のアメリカの型紙とそれを用いて製作した女性衣装、子どものためのお針箱やハサミなどのお道具、1948年の雑誌「装苑」などです。

常設展示では縄文からの神戸の町々を辿って、企画展では昭和の生活スタイルを実物資料や写真からひも解ける絶好の機会です。
収蔵庫のガラス窓から見学できる土器の数々も必見です。
________

■神戸市埋蔵文化財センター
神戸市西区糀台6丁目1 西神中央公園内
神戸市営地下鉄 西神中央駅より徒歩8分
開館時間 10:00-17:00(入館16:30まで)
休館日 1月23日、30日、2月6日、13日、20日、27日

この記事のURL

http://fashionmuseum-blog.com/%e7%a5%9e%e6%88%b8%e5%b8%82%e5%9f%8b%e8%94%b5%e6%96%87%e5%8c%96%e8%b2%a1%e3%82%bb%e3%83%b3%e3%82%bf%e3%83%bc%e3%81%b8%e3%80%81%e8%a1%a3%e8%a3%85%e3%81%a8%e5%b0%8f%e7%89%a9%e3%80%81%e6%9b%b8%e7%b1%8d

TrackBack URL

この記事へのトラックバックURL
(※トラックバックは承認制となっております)

http://fashionmuseum-blog.com/%e7%a5%9e%e6%88%b8%e5%b8%82%e5%9f%8b%e8%94%b5%e6%96%87%e5%8c%96%e8%b2%a1%e3%82%bb%e3%83%b3%e3%82%bf%e3%83%bc%e3%81%b8%e3%80%81%e8%a1%a3%e8%a3%85%e3%81%a8%e5%b0%8f%e7%89%a9%e3%80%81%e6%9b%b8%e7%b1%8d/trackback

Trackback

トラックバックはまだありません