follow me

特別展示「日本の男服―メンズ・ファッションの源泉―」

特別展示「日本の男服―メンズ・ファッションの源泉―」展のお知らせです。

日本の男服―メンズ・ファッションの源泉―
2013年10月11日(金)~2014年1月7日(火)
休館日:水曜日、年末年始(12月29日~1月3日)

主催:神戸ファッション美術館
企画協力:神戸ブランメル倶楽部
協力:一宮市博物館、兵庫県洋服商工業協同組合、有限会社石津事務所、株式会社エドワーズ、スキャバル ジャパン株式会社、エフティアイエンタープライズ、石田洋服店、くろすとしゆき、畑埜佐武郎、里見高行
展示協力:大阪樟蔭女子大学
後援:産経新聞、Kiss FM KOBE

江戸から明治になって間もない1872年、時の政府は太政官布告を発して文官大礼服を制定し、以降日本の服制は洋装に改められました。それに先立った幕末の頃から、近代的な軍隊の整備に取りかかった各藩は、調練に際して洋服に近い筒袖や細袴といった上下二部式の衣服をそれぞれ導入していました。そのような格好が維新の波に乗って次第に増え始め、やがて国を挙げて洋装への移行をおこなったのでした。 
服制の制定以降、軍服や制服、学生服といった正装のかたちで洋装化は進み、国家の中枢部のみならず一般にも広がっていきました。その流れの中で背広は、都市における仕事着として、あるいは略式の正装として着用されるようになっていったのです。 
そのような正装としての洋装から一転し、戦後しばらくすると若者たちを中心に、それまでとは異なる着こなしでお洒落そのものを楽しむ傾向があらわれます。1960年代に、アイビー・スタイルを打ち出したVANや、ヨーロピアン・モードを取り入れたエドワーズが登場し、いよいよ日本における本格的なメンズ・ファッションの時代が到来したのです。 
特別展示『日本の男服―メンズ・ファッションの源泉』は、明治初期の文官大礼服にはじまり、明治・大正・昭和期の軍服や礼服、平服、さらに男服の流れを大きく変えたVANやエドワーズの衣服やノベルティなどの資料の展示を通じて、洋装化のはじめからメンズ・ファッションの形成へといたる、日本の男服の変遷をご紹介します。

 

詳細はホームページをご覧ください。
日本の男服―メンズ・ファッションの源泉―

 

神戸ファッション美術館

  • 2013/08/29 |
  • 14:10 |
  • お知らせ
  • fashionmuseum |
  • この記事のURL
  • Trackback(0)
  • Tweet!

この記事のURL

http://fashionmuseum-blog.com/%e6%ac%a1%e5%9b%9e%e5%b1%95%e7%a4%ba%e3%80%8c%e6%97%a5%e6%9c%ac%e3%81%ae%e7%94%b7%e6%9c%8d%e2%80%95%e3%83%a1%e3%83%b3%e3%82%ba%e3%83%bb%e3%83%95%e3%82%a1%e3%83%83%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%b3%e3%81%ae

TrackBack URL

この記事へのトラックバックURL
(※トラックバックは承認制となっております)

http://fashionmuseum-blog.com/%e6%ac%a1%e5%9b%9e%e5%b1%95%e7%a4%ba%e3%80%8c%e6%97%a5%e6%9c%ac%e3%81%ae%e7%94%b7%e6%9c%8d%e2%80%95%e3%83%a1%e3%83%b3%e3%82%ba%e3%83%bb%e3%83%95%e3%82%a1%e3%83%83%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%b3%e3%81%ae/trackback

Trackback

トラックバックはまだありません