follow me

年の瀬...

今日は12月25日、クリスマス・・・今年もあとわずか、なぜか慌しくなってきました。
さて、1年の最後の日である12月31日を「大晦日(おおみそか)」と言います。これは、毎月の末日を「晦日」といい、年内最後で特別に「大」とつけた ものですが、もともと「みそ」は「三十」で「みそか」は30日の意味だったそうです。また、「大つごもり」とも言いますが、「つごもり」は 月が隠れる 日=月隠(つきごもり)=つごもり となったようです。
大晦日といえば「除夜の鐘」ですが、全国のお寺で108の鐘が鳴らされます。108とは仏教思想に基づく百八煩悩のことで、心を惑わし、身を悩ませる 「煩悩」を鐘をつくことで一つ一つ取り払って、新しい年を迎えようとするもので、最後の1回は年が明けてから突き、その1年は煩悩に惑わされないようにす るものだそうです。

今、神戸ファッション美術館では、特別展示「天から陽気が降ってくる ホリ・ヒロシの華麗なる舞台 映画衣裳と人形たち」 を開催しており、人形作家、人形師、そして衣裳デザイナーでもあるホリ・ヒロシの、華麗で妖艶な魅力あふれる、衣裳と人形の作品の数々を展示しており、来 年1月11日までの開催です。

(c)吉村 博

大晦日まであと1週間、何かと忙しいかと思いますが、神戸ファッション美術館に足を運んでいただき、「天から陽気が降ってくる」をご覧いだたき、すばら しい作品の中でゆったりとした一時をお過ごしになりませんか。年内は28日まで開館、年始は1月4日からです。
心よりお待ちしています。
JIM

この記事のURL

http://fashionmuseum-blog.com/%e5%b9%b4%e3%81%ae%e7%80%ac%ef%bc%8e%ef%bc%8e%ef%bc%8e

TrackBack URL

この記事へのトラックバックURL
(※トラックバックは承認制となっております)

http://fashionmuseum-blog.com/%e5%b9%b4%e3%81%ae%e7%80%ac%ef%bc%8e%ef%bc%8e%ef%bc%8e/trackback

Trackback

トラックバックはまだありません