follow me

家紋の美

ここ数日で一気に寒くなってまいりましたね。

先日私は姉の結婚式で住吉大社へ行ってまいりました。

神前式なので、父が紋付袴でした。まじまじと我が家の家紋を観察した私。

私たちは母方の祖母と同居しているので、母方の家紋は見慣れているのですが、父方の家紋をしっかり見るのは初めてでした。

そもそも家紋とは、自らの家系、血統、家柄、地位を表すために用いられてきた紋章だそうです。なんと241種、5116紋以上の家紋があるそうです。

「家紋は絵にかいた苗字だ」と本で読んだことがありますが、日本にある苗字に対して、家紋はそれらの10分の1程の数しかないそうです。

ちなみに海外にも家紋のような役割をもつものがあります。

英国では、個人や学校、団体などの証明として伝統的に紋章が付与されているようです。

みなさんの記憶にも新しい、英国王室ウィリアム王子とケイト・ミドルトンさんの結婚。英国紋章院はケイト・ミドルトンさの一家に、法律に基づく公的な紋章を付与しました。

 ケイトさんへ贈られた紋章は八角形に近い形で、青と赤で左右に分かれていて、ドングリの絵が三つあしらわれています。ドングリはケイトさんが育った英南部バークシャーに多く生育する樹木の実であることなどから使われたそうです。

さてさてそこで、神戸ファッション美術館3Fライブラリーに所蔵している、家紋や紋章について

書かれている本を紹介いたします。

 

・「家紋の由来と美」

 【請求番号:3607/KAM】【資料ID:5500063291】

・「西洋紋章大図鑑」

 【請求番号:3607/SEI】【資料ID:5500394884】

その他紋章系模様系の書籍は、閲覧室の36番「デザイン」の書棚にございます。

家紋のルーツや紋章の美しさや、それらが持つ意味が気になる方、興味がある方は是非ご覧ください。

丸子

  • 2011/11/26 |
  • 16:55 |
  • ライブラリー
  • fashionmuseum |
  • この記事のURL
  • Trackback(0)
  • Tweet!

この記事のURL

http://fashionmuseum-blog.com/%e5%ae%b6%e7%b4%8b%e3%81%ae%e7%be%8e

TrackBack URL

この記事へのトラックバックURL
(※トラックバックは承認制となっております)

http://fashionmuseum-blog.com/%e5%ae%b6%e7%b4%8b%e3%81%ae%e7%be%8e/trackback

Trackback

トラックバックはまだありません