follow me

延長おねがいします

先日、イーグレひめじ(姫路城の近く)で開催中の、“高校生学芸員展”なる展覧会を見てきました。

高校生学芸員展とは・・・美術館と高校が協力し、美術の授業の一環として生徒が展覧会を企画・開催するというもので、今年で3回目を迎えます。

展示作品は、生徒たちが選び、解説文をつけた姫路市立美術館の所蔵品9点と、彼らによるその作品の鉛筆模写および“延長画”でした。

この延長画というのが興味深かったです。チラシによると、「作品の図版を元に、作品の続きを想像して描いたり、インスピレーションを受けて描いたもの」とのこと。作品の縮小コピーを貼って、その周りの風景を描き込んだものもあれば、人物や建物を別の角度から見たところだったり、模写に独自のアレンジが加えられていたり、ひとくちに「延長」といっても色々な方法がありました。

これだけ長い間(準備含め半年近く?)ひとつの作品に向き合うことも、たぶん、人生の中でそんなにないですよね。彼らにしかできない、展覧会に仕上がっていました。観覧無料で12月4日まで開催中です。

学校でのこういう試みは全国的にも珍しいので、今後も続いてほしいな(そして増えたらいいな)と思います。 

小学校の国語の授業で、教科書で読んだお話の続きを考えてみよう、というのがあって私はすごく記憶に残っているのですが、延長画はそれを言葉でなく絵でやる感じでしょうか。これはちょっと真似してみたい。

ワークショップなんかでやってもきっと楽しいですね。展示されているドレスのお話を考えるとか、衣装や小物のデザインをTシャツの柄に「延長」させてみるとか・・・どうかな~・・・

  

  

  

「わくわく」

友情出演:ヤギ様(六甲山牧場にて撮影)

めP

  • 2011/11/28 |
  • 12:00 |
  • つぶやき
  • fashionmuseum |
  • この記事のURL
  • Trackback(0)
  • Tweet!

この記事のURL

http://fashionmuseum-blog.com/%e5%a7%ab%e8%b7%af%e3%81%ab%e3%81%a6

TrackBack URL

この記事へのトラックバックURL
(※トラックバックは承認制となっております)

http://fashionmuseum-blog.com/%e5%a7%ab%e8%b7%af%e3%81%ab%e3%81%a6/trackback

Trackback

トラックバックはまだありません