follow me

南の島にて

先日、梅雨入り直前の沖縄本島にいってきました。

お天気が不安定で曇り空だったため青い空!には出会えませんでしたが、
沖縄独特の穏やかでゆったりとした時間を過ごせました。

ということで
今回尋ねたパンやさんと機織り工房をご紹介したいとおもいます。

ひとつめは宜野湾にある
酵母パンを作られている「宗像堂」さん。

宗像堂宗像堂

お店すぐ横に手作りの石窯があり、
そこで焼いたものがお店に並べられています。
テイクアウトしたものを外のテラスで食べながら、
目の前の緑あふれる裏庭には木漏れ日がこぼれ、
ガジュマルにはブランコがぶら下がり、と
自然と共生しているかのような環境で、
美味しいパンがさらに美味しく感じられました。

ガジュマル宗像堂宗像堂

続いては
南部にある機織工房「しよん」さん。
古民家を工房にされていて、
そこで手織りされた作品たちが室内の一角に並べられ
販売もされています。

しよんしよんしよんしよん

丁寧に工程まで説明していただいたのですが、
作られていく過程を目にしたことで作品選びにも熱がはいりました。
どれもこれも色味の素敵さと織の柄に目移りしながら、
なやみになやんで購入したのがコチラ…
似たような色味と柄になってしまったのですが。笑
今のじぶんが求める色なのかもしれませんね!
ちなみに
ロートン織(首里織の一種で中国から伝わったとされています)の
マース袋(塩のお守り。ちなみに3代目)とブックカバーです。
しよん

現在、神戸ファッション美術館にて開催中の特別展示
「ドキドキ・ワクワク ファッションの玉手箱」展でも
ほんとうにさまざまな作品に出会うことができます。
それぞれの作品に作者の思いを感じながらご覧くださいませ。

新原ビーチ

ribbon

  • 2014/04/26 |
  • 10:00 |
  • つぶやき
  • fashionmuseum |
  • この記事のURL
  • Trackback(0)
  • Tweet!

この記事のURL

http://fashionmuseum-blog.com/%e5%8d%97%e3%81%ae%e5%b3%b6%e3%81%ab%e3%81%a6

TrackBack URL

この記事へのトラックバックURL
(※トラックバックは承認制となっております)

http://fashionmuseum-blog.com/%e5%8d%97%e3%81%ae%e5%b3%b6%e3%81%ab%e3%81%a6/trackback

Trackback

トラックバックはまだありません