follow me

写真のワークショップ

少しずつ木々の葉が色づき始めましたが、いかがお過ごしでしょうか。

先日、大阪・南船場にある写真ギャラリー「壹燈舎」さんで開かれたサイアノプリント体験のワークショップに参加してきましたshine

サイアノプリントは、1842年に発明された古典技法のひとつで、別名青写真と呼ばれます。第一鉄塩がフェリシアン化カリウムと反応して青くなり、光の量によって青色の濃淡が現れます。

今回は、赤血塩と緑色クエン酸鉄アンモニウムを使われており、それぞれを水に溶かしたあと、攪拌します。

その液を紙に塗り、写真の画像を転写したOHPペーパーをのせて感光させます。

最初は黄色だった紙が、30分ほど紫外線にあてて感光させて水洗いすると、深い青に変化していましたnote

モノクロプリントとはまた違う色合いですが、何もうつっていない紙の上に浮かび上がった像をみると感動的です。幽玄な雰囲気に仕上がるので、水墨画のような印象も受けました。

講師の方は、和紙を使って作品を作っておられるので、サイアノプリントとの組み合わせがぴったりだなぁと思いました。写真といっても、様々な表現があってプリントだけでも大変奥が深いものですcamera

こちらの神戸ファッション美術館でも、開催中の特別展示「ファッション写真展 女神(ミューズ)たちの肖像 -モードと女性美の軌跡-」に併せて関連ワークショップを開催しますnotes

詳細はコチラ→http://www.fashionmuseum.or.jp/museum/special.html#ws

「六アイ探撮」は、締め切り日を過ぎておりますが、ご応募を受け付けておりますflair

皆さま、ぜひご参加くださいませcrown

お茶clover

この記事のURL

http://fashionmuseum-blog.com/%e5%86%99%e7%9c%9f%e3%81%ae%e3%83%af%e3%83%bc%e3%82%af%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%97

TrackBack URL

この記事へのトラックバックURL
(※トラックバックは承認制となっております)

http://fashionmuseum-blog.com/%e5%86%99%e7%9c%9f%e3%81%ae%e3%83%af%e3%83%bc%e3%82%af%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%97/trackback

Trackback

トラックバックはまだありません