follow me

トライやるウィーク☆本山中学校①

神戸ファッション美術館では11月14日(火)~11月17日(金)トライやるウィーク(中学生職業体験)を実施しております。

体験してもらった生徒さんたちに体験内容や感想等をブログでつづってもらいました。

第1弾は本山中学校の岩木さんです。

*************************************

トライやるウィークで四日間、神戸ファッション美術館で職業体験をした岩木です。

一日目は館内をまわった後、受付と監視をしました。
受付では細かい仕事が予想より沢山あって驚きました。
「いらっしゃいませ」などの基本的な挨拶も最初は出来ていなかったものの終わる頃には少しは出来るようになりました。
監視ではあまりやる事が無かったので、ただ突っ立ってるだけになっていましたが何事も無かったので良かったです。

二日目は三階のライブラリーに行き、本の入れ替えなどの作業をしました。
本にとあるシールを貼るときに失敗してしまったのですが、担当の方が直してくださりほっとしました。
書庫にも入りました。ボタンを押すだけで動く本棚があり、とても新鮮で楽しかったです。
午後は落ち葉拾いをしました。ワークショップで使うそうで、桜やイチョウなどの葉沢山集めました。

三日目は朝に展示物の掃除をしました。
展示物についたほこりなどを慎重にはらいました。照明が暗くて見えないだけで明るくすると結構目立つそうです。
ガラスには指紋やつばのようなものが付着していました。指紋は簡単に取れましたがつばのようなものは全く取ることができませんでした。
自分も美術館や博物館で無意識のうちにつばを飛ばしていたかも知れないので気をつけようと思いました。
午後は収蔵庫に行きました。収蔵庫に入る前の部屋に民族衣装があり、記念にそれを着て写真を撮ってもらいました。

収蔵庫は虫が入らないようにされていたり、温湿度が管理されていました。
前半はマネキンの腕の仕分けをしました。後半はやることがあったみたいなんですが無しになったので、収蔵庫を案内して頂きました。
服だけでなく、靴、写真、絵など色々なものが保管されていました。全部紹介していたらキリがないくらい広くて、少し足が疲れてしまいました。

最終日、四日目の午前はワークショップの用意で、荷物を運んだりの力仕事をしました。
こういった裏での作業があってイベントが楽しく安全になるので、気を抜かずに作業しました。

この四日間という短い期間の中で色々な種類の仕事を体験しました。
受付などのよく目にする仕事から収蔵庫という裏の仕事まで、美術館だけでも沢山の仕事がありました。
この四日間で楽しかったこと、苦労したこと、学んだことを、自分の将来に生かしていきたいと思います。

この記事のURL

http://fashionmuseum-blog.com/%e4%b8%8b%e6%9b%b8%e3%81%8d%e3%80%80%e6%9c%ac%e5%b1%b1%e4%b8%ad

TrackBack URL

この記事へのトラックバックURL
(※トラックバックは承認制となっております)

http://fashionmuseum-blog.com/%e4%b8%8b%e6%9b%b8%e3%81%8d%e3%80%80%e6%9c%ac%e5%b1%b1%e4%b8%ad/trackback

Trackback

トラックバックはまだありません