follow me

ライブラリー★インフォメーション

 ● ●

『モスリンと毛斯綸』展 関連書コーナー

インド綿のモスリン、着物の毛斯綸(モスリン)、
その他和装に関する書籍をご用意しています。

『モスリンと毛斯綸』展はもうご覧頂けましたか?
極細の綿糸でできたモスリンは柔らかに透き通ってとてもロマンティック。
18世紀末には貴族たちの宮廷衣装に使用されます。
繊細で美しいものに惹かれるのはいつの時代の女性も同じですね。
展覧会ではモスリンを使った宮廷衣装もご覧頂けます。
もう一つの毛斯綸(モスリン)は、同じ音でも平織りの毛織物。
毛織物と聞くと分厚そうですが、毛斯綸(モスリン)は薄くて軽い。そして他の素材に比べ発色がよく、江戸末期に輸入されるや人々を魅了します。
着物や帯はもちろんのこと、着物の下の長襦袢にも目の覚めるような鮮やかな色柄の毛斯綸(モスリン)が使用されます。
また、神戸ファッション美術館エントランス(無料スペース)には京都造形芸術大学染色テキスタイルコース・プロジェクトチームによる個性と色彩に溢れたモスリン染めの作品が展示されています。

神戸ファッション美術館でホンモノを堪能したあとは、ぜひライブラリーにもお立ち寄りください。

 ● ●


新着資料のご案内

VISIONAIRE 56 『SOLAR』 

出版社: Visionaire Pub
  
今回はカルバン・クラインとのコラボレーションで制作された太陽光で発色する特殊インクが使用された作品。
室内ではモノトーンの大型の本と真っ白なケースが太陽光に当たるとみるみる彩色され作品の全貌が明らかになります。
真っ白なページに小さく“dream”と記されたオノ・ヨーコの作品は太陽光に当たると晴れやかな青空に。
表紙はRoe Ethridgeによる純白の糸で刺繍された鳥。この糸までもが、太陽光のもとでドラマティックに変化を遂げます。
ただ、本当に最先端技術を駆使した特殊インクのため、室内光はおろかライブラリーの窓辺でも変化しません・・・。恨めしいや最先端技術・・・

変化後の様子は巻末に一覧が用意されており、そちらで御覧いただく他ございません。
皆様にも変化する様子をご覧頂きたかった

 閲覧にはライブラリーカードが必要です。ライブラリーカードの作成(無料)は身分証明書をお持ちいただければすぐにお作りできます。但し中学生以上。

  

VISIONAIRE 54 『SPORT』 SET2-4

出版社: Visionaire Pub
ラコステとのコラボレーションによる本号。
SET1はすでにご紹介していましたが
SET2~4もご覧頂けるようになりました。

アーティスト
SET 1
ニック・ナイト/カール・ラガーフェルド/マイケル・スタイプ
フォトグラファー    ファッションデザイナー    ミュージシャン      .

SET 2
イネス・ヴァン・ラムズウィールド&ヴィノード・マタディン/トーマス・デマンド/デビッド・バーン
                      フォトグラファー                アーティスト        ミュージシャン      .

SET 3
ピーター・リンドバーグ/トーマス・ルフ/ペドロ・アルモドバル
      フォトグラファー      アーティスト      映画監督             .

SET 4
リチャード・フィリップス/T.J.ウィルコックス/フィル・ポインター
       アーティスト       アーティスト          フォトグラファー             .

一流アーティストが手掛けた作品がプリントされたラコステ定番のポロシャツは必見!
 閲覧にはライブラリーカードが必要です。ライブラリーカードの作成(無料)は身分証明書をお持ちいただければすぐにお作りできます。但し中学生以上。
  

『TEXTILE View』  issue88

各シーズンの織物・ニット・素材・色・品質情報を紹介するファブリックトレンド雑誌。
バイヤーやメーカーの方にはもちろんのこと、そうでない方もクリエイティブで美しいページから新たなインスピレーションを受け取れそう。
来シーズンはどんな色が流行るのでしょう??ぜひぜひご確認下さい。

 閲覧にはライブラリーカードが必要です。ライブラリーカードの作成(無料)は身分証明書をお持ちいただければすぐにお作りできます。但し中学生以上。

kaz

  • 2010/01/31 |
  • 12:10 |
  • ライブラリー
  • admin |
  • この記事のURL
  • Trackback(0)
  • Tweet!

この記事のURL

http://fashionmuseum-blog.com/%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%96%e3%83%a9%e3%83%aa%e3%83%bc%e2%98%85%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%83%95%e3%82%a9%e3%83%a1%e3%83%bc%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%b3

TrackBack URL

この記事へのトラックバックURL
(※トラックバックは承認制となっております)

http://fashionmuseum-blog.com/%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%96%e3%83%a9%e3%83%aa%e3%83%bc%e2%98%85%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%83%95%e3%82%a9%e3%83%a1%e3%83%bc%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%b3/trackback

Trackback

トラックバックはまだありません