follow me

メイキングオブ 華やぎの帯結び

去る3月22日は、“華やぐこころ 大正昭和のおでかけ着物”セミナー、『聞いて、見て アンティーク着物』の2回目を開催いたしました。
講師は、本展の作品所蔵者である京都古布保存会の似内惠子氏です。
「華やぎの帯結び」をテーマに、着物と帯の取り合わせや、昭和初期に流行した帯結びについて解説いただきました。

また、Beauty Arts Kobe 日本高等美容専門学校の先生方にご協力いただいて、当時の髪型とメイクの再現をお願いしました。

本日はメイキング編、当日のセミナーがはじまるまでをご紹介します。

Beauty Arts Kobeの先生によるヘアセット【マルセル・ウェーブ】

当時のメイクの特徴は、眉頭から下がるライン、ぽってりとした頬

銀閣寺つぼみの方々によって、豪華な帯が整えられます

 
着付けとヘアメイクが完成し、ひといき。セミナー開始を待ちます

(つづく)

misaki

この記事のURL

http://fashionmuseum-blog.com/%e3%83%a1%e3%82%a4%e3%82%ad%e3%83%b3%e3%82%b0%e3%82%aa%e3%83%96%e3%80%80%e8%8f%af%e3%82%84%e3%81%8e%e3%81%ae%e5%b8%af%e7%b5%90%e3%81%b3

TrackBack URL

この記事へのトラックバックURL
(※トラックバックは承認制となっております)

http://fashionmuseum-blog.com/%e3%83%a1%e3%82%a4%e3%82%ad%e3%83%b3%e3%82%b0%e3%82%aa%e3%83%96%e3%80%80%e8%8f%af%e3%82%84%e3%81%8e%e3%81%ae%e5%b8%af%e7%b5%90%e3%81%b3/trackback

Trackback

トラックバックはまだありません