follow me

フルサイズデジタルカメラ

 11月29日にキャノンのEOS5DMarkⅡが販売されまして、ニコンのD700、ソニーのα900と販売価格が30万円前後のミドルクラスの35mmフルサイズデジタル一眼レフカメラがボーナス商戦前に揃いました。世が世なら、良いものなので、相当数売れたと思うのですが、現在の消費不況の荒波をどっぷり浴びての船出となりました。

各社の思惑とはかなり異なる数字になるでしょうね。実際にマスコミの様々な調査でも今年は我慢するもののトップにデジタル一眼レフカメラが挙げられています。カメラの実力の向上は、後出しじゃんけんのように、日進月歩なのに個人的には残念です。

 当美術館は、撮影用に2005年製のニコンのD2Xを使用しているのですが、このカメラ私どもの腕には勿体ない程の能力があるのですが、APSサイズのCMOSの為に、ファインダーを覗くと、どうしても違和感が拭えません。像がとても小さいのです。

30年以上フィルムの一眼レフを写している方には分かっていただけるとは思うのですが。(プロの方は仕事ですから、すぐ慣れるのでしょが)それで、昨年ニコンのD3が発売されてからは、カメラ店でファインダー覗いては、早くこのような環境へと・・・想いは募るばかりでした。    まだ、買っていませんが。

 そんな事を言っても、仕事は次々に入ってくるので、来る日も来る日も(相当大袈裟ですが)撮影を続け、少しは見られる写真が撮れるようになってきたと思っています。
 この写真は2009年2月11日―3月29日に東京に目黒区美術館で開催される「祝祭の衣装展 ロココ時代のフランス宮廷を中心に」のカタログ用の写真です。

BX-16S
神戸ファッション美術館

  • 2008/11/30 |
  • 17:55 |
  • つぶやき
  • admin |
  • この記事のURL
  • Trackback(0)
  • Tweet!

この記事のURL

http://fashionmuseum-blog.com/%e3%83%95%e3%83%ab%e3%82%b5%e3%82%a4%e3%82%ba%e3%83%87%e3%82%b8%e3%82%bf%e3%83%ab%e3%82%ab%e3%83%a1%e3%83%a9

TrackBack URL

この記事へのトラックバックURL
(※トラックバックは承認制となっております)

http://fashionmuseum-blog.com/%e3%83%95%e3%83%ab%e3%82%b5%e3%82%a4%e3%82%ba%e3%83%87%e3%82%b8%e3%82%bf%e3%83%ab%e3%82%ab%e3%83%a1%e3%83%a9/trackback

Trackback

トラックバックはまだありません