follow me

フェリシモ ハッピートイズ「タータンを使ってパンダくんを作ろう」ワークショップ、楽しく終了しました!

みなさま、こんにちは!

すっかり秋めいてきた三連休の最終日、

いよいよウールの「タータン」を身に着けたくなる季節の始まりですね。

今日は、その「タータン」を使って、

フェリシモさんの「ハッピートイズプロジェクト」第2弾を開催!

夏休みに開催した第1弾「親子でパンダくんを作ろう」に続く今回は、

特別展「スコットランドからの贈りもの タータン展」にちなんで

なんとスコットランドからお取り寄せしたタータンのハギレを使うという企画です。

20組の定員はあっという間に満席となってしまう大人気で、

多世代に渡る方々にご参加いただきました。

下は年長さんの女の子から、上は還暦を超えたマダムまで、

モノづくりが好きな小学生男子くん、パンダが好きな女性、タータンが好きな女性、

そして何組もの仲良しファミリーと、多彩な方々がとっても可愛いタータンを

何枚も使って、パンダづくりに取り組みました。

  

まずは、好きな生地選びから。その後、型紙を切って、

その型どおりに生地を裁断して、顔、胴体、手足を作っていきます。

指の先で動く小さな格子柄の生地、とても可愛いですね。

難しいところは美術館スタッフがレクチャーしたり、サポート。

こちらは、当館の収蔵品の修復なども担当する学芸員・大山さんが

脚をつけるところをレクチャーしている図であります。

昨年、このプロジェクトに参加いただいた小学校4年生の久川なぎさちゃん、

年長のなつみちゃん姉妹。お母さんと一緒に頑張りました。

姫路から来てくださった阿野さん親子。

おうちで続きに取り組んでくださいね。

小学校3年生の尾方花凜ちゃんとお母さんは、お友だちのあいねちゃんと

来てくれました。みんな真剣な表情。

唯一の男の子、小学校5年生の太田光拓くん。

「何かものをつくるのが大好き」でとっても楽しそうでした。

ぬいぐるみを作るのは初めて!という人も、何人もいらっしゃいましたが

みなさん、とっても楽しそうですね。

タータン大好きという大坪さん、

ぬいぐるみ作り初めての平田さん、

丁寧に生地を裁断していた丸山さんや、おなじく宇田川さん、

ぜひ、続きをおうちで仕上げてみてください。

そして、一番乗りでパンダを仕上げてくれたのは、

素敵なロイヤル・タータンのスカートを身に着けていらっしゃった佐本さん。

プロはだしの大人パンダが出来あがり!

同じく、タータンのスカートをお召しになっていた瀬尾さんは

上手に頭を仕上げていらっしゃいました。

贅沢なスコットランドメイドのタータン、

カラフルな生地も可愛いですが、

それをパッチワークにしたパンダはさらに可愛いですね~!

ご参加のみなさま、お疲れさまでした!

続きは、おうちでぜひ仕上げてくださいね。

●11月11日(日)まで開催中!

特別展「スコットランドからの贈りもの タータン展」

10:00~18:00(入館17:30まで)

開会式の模様が動画になりました! チェキラ!

https://youtu.be/-NMz9Ppqt4o

 

  • 2018/09/24 |
  • 21:06 |
  • イベント,お知らせ
  • fashionmuseum |
  • この記事のURL
  • Trackback(0)
  • Tweet!

この記事のURL

http://fashionmuseum-blog.com/%e3%83%95%e3%82%a7%e3%83%aa%e3%82%b7%e3%83%a2

TrackBack URL

この記事へのトラックバックURL
(※トラックバックは承認制となっております)

http://fashionmuseum-blog.com/%e3%83%95%e3%82%a7%e3%83%aa%e3%82%b7%e3%83%a2/trackback

Trackback

トラックバックはまだありません