follow me

サリー です。

先週、インドの民族衣装サリーの着付けをしていただきました。

  

腰に巻きつけ、肩にかける分量を残して
余分のものをひだにたたんでいきます。

      

たたんだ部分を腰紐にはさみ込み、
残しておいた部分をくるりと腰から肩にまわして出来上がりです。

このサリーは、次回の企画展 「ポワレ・フォルチュニィ展」 で、
ふたりのデザイナーのデザインソースにもなった民俗服のサンプルとして
ご紹介いたします。 どうぞ、お楽しみに!

                                     H.O

この記事のURL

http://fashionmuseum-blog.com/%e3%82%b5%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%80%80%e3%81%a7%e3%81%99%e3%80%82

TrackBack URL

この記事へのトラックバックURL
(※トラックバックは承認制となっております)

http://fashionmuseum-blog.com/%e3%82%b5%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%80%80%e3%81%a7%e3%81%99%e3%80%82/trackback

Trackback

トラックバックはまだありません