follow me

インディゴ物語「藍が奏でる青い世界」展 も明日までとなりました

インディゴ物語「藍が奏でる青い世界」展にあわせて開催しました、神戸ファッション美術館スタッフによるワークショップには、多くの方々にご参加いただきました。なかでも、小学生の皆さんにたくさんの参加をいただきました。
 そんな様子を思い返しながら、蓑豊さん(現、兵庫県立美術館 館長)が金沢21世紀美術館の館長をされていた時に書かれた「超・美術館革命―金沢21世紀美術館の挑戦」 (角川書店2007年5月)を思い出しました。
 蓑さんは、美術に触れる良い年齢として、小学4年生(10歳)が良いという持論を様々な場面で述べておられます。
( http://www.keiomcc.net/sekigaku-blog/2007/11/post_203.html )
( http://www.kobegakkou-blog.com/blog/2011/02/post-eb73.html )
( http://globis.jp/1667 )
 金沢21世紀美術館開館(2004年10月)から、わずかの期間に、金沢市内の小学生を全員招待され、現在も同館は、毎年市内の小学4年生を招待しているそうなんです。
 確かに、回りを見渡しても、個人的にも、10歳くらいまでに美術館へ足を運びだすと、それから随分と歳月が経っても、極々自然なこととして東へ西へ、あちらこちらへ鑑賞の場を求めている気がします。
 先のワークショップは、参加してくれた小学生のみなさんにとって、良いきっかけになっていればと願うばかりです。
 そんな眼で、部屋の積ん読背表紙を眺めていると、こんな本が見つかったのでご紹介します。
「子どもの「10歳の壁」とは何か?―乗り越えるための発達心理学―」(渡辺弥生著、光文社2011年4月)で、こんな内容です。
第1章  9歳、10歳はなぜ取り上げられるのか?
第2章  9歳、10歳ってどんな年齢?
第3章 「自分」って何?—-自己意識の変化
第4章 「考える力」の急成長—-認知の変化
第5章 「複雑な気持ち」を知る—-感情の変化
第6章  親より「友情」へ—-友達関係の変化
第7章 「他人の視点」の獲得—-道徳性の変化
第8章  9歳、10歳の子どもとは?—-まとめ
第9章  9歳、10歳の「社会性」を育てる支援
第10章 9歳、10歳の「道徳性」を育てるアプローチ
 あ~そうそうと思ったり、色々考えさせられたり…、清秋の一冊にいかがでしょうか。

kiuri

この記事のURL

http://fashionmuseum-blog.com/%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%83%87%e3%82%a3%e3%82%b4%e7%89%a9%e8%aa%9e%e3%80%8c%e8%97%8d%e3%81%8c%e5%a5%8f%e3%81%a7%e3%82%8b%e9%9d%92%e3%81%84%e4%b8%96%e7%95%8c%e3%80%8d%e5%b1%95%e3%80%80%e3%82%82%e6%98%8e

TrackBack URL

この記事へのトラックバックURL
(※トラックバックは承認制となっております)

http://fashionmuseum-blog.com/%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%83%87%e3%82%a3%e3%82%b4%e7%89%a9%e8%aa%9e%e3%80%8c%e8%97%8d%e3%81%8c%e5%a5%8f%e3%81%a7%e3%82%8b%e9%9d%92%e3%81%84%e4%b8%96%e7%95%8c%e3%80%8d%e5%b1%95%e3%80%80%e3%82%82%e6%98%8e/trackback

Trackback

トラックバックはまだありません