follow me

こころ おどる室内画

みなさまこんにちは。

神戸ファッション美術館3階ライブラリーではファッション以外の様々な本を所蔵しております。

最近私は全く興味がなかった静物画や室内画が好きになりよくネットで検索しています。

探している中で好きだなと思った画家の画集を今回ご紹介したいと思いますbook

 

dscn7803  dscn7802

●Vuillard  (請求番号:3412/VUI)

フランスの画家、エドゥアール・ヴュイヤールの画集です。

家族の風景の一瞬を切り取ったような絵はどんな話をしてどんなことを想っているのかと想像するのが楽しいですcrown

 

dscn7801  dscn7800

●HENRI MATISSE/A Retrospective John Elderfield (請求番号:3414/MAT)

フランスの画家、アンリ・マティスの画集です。

マティスの室内画はファブリックに夢中になってしまいますdiamond

いろんな色や柄に囲まれた室内に実際に座ってみたくなりますdiamond

 

dscn7799  dscn7798

●HENRY DARGER/KLAUS BIESENBACH(請求番号:3429/DAR)

ヘンリー・ダーガー 非現実の王国で(請求番号:3429/DAR)

アメリカの画家、ヘンリー・ダーガーの描いた室内画は子供たちがメインでいますが

ぽつんとあるソファ、壁に飾られた絵やカーテンなど洒落ているけど子供の無邪気さも表しているようで見ていて飽きないですvirgo

小物やファブリック、家具の配置などを見ていると「こんな感じのものがほしいな」「こういう飾り方いいな真似したいな」と自分の部屋を模様替えするならどうするかを想像しながら見るのが楽しくなっていきましたshine

いろんな視点からの絵の見方があると思いますが、絵の情報を日常に落とし込むということも1つの絵の見方かなと思います。

閲覧室にあります書籍はご自由に見て頂けます。

閉架書籍はライブラリーカード又は身分証明書が必要になります。

(今回紹介した●ヘンリー・ダーガー 非現実の王国で(請求番号:3429/DAR)の書籍は閉架書になります。)

皆様のご来館を心よりお待ちしております。

 

kishim

 

  • 2016/12/03 |
  • 13:51 |
  • ライブラリー
  • fashionmuseum |
  • この記事のURL
  • Trackback(0)
  • Tweet!

この記事のURL

http://fashionmuseum-blog.com/%e3%81%93%e3%81%93%e3%82%8d-%e3%81%8a%e3%81%a9%e3%82%8b%e5%ae%a4%e5%86%85%e7%94%bb

TrackBack URL

この記事へのトラックバックURL
(※トラックバックは承認制となっております)

http://fashionmuseum-blog.com/%e3%81%93%e3%81%93%e3%82%8d-%e3%81%8a%e3%81%a9%e3%82%8b%e5%ae%a4%e5%86%85%e7%94%bb/trackback

Trackback

トラックバックはまだありません