follow me

くれぐれもお忘れなきよう

神戸ファッション美術館では展示品の保護のために傘の持ちこみを禁止させていただいています。

そのため、美術館玄関には大きめの鍵付傘立てを用意しています。

今年の夏は天候が不順で、傘をお持ちになってのご来館が多くいらっしゃいますが、その分傘の忘れ物も多くて…

一定期間置きっぱなしになっている傘は美術館で保管することも可能なのですが、鍵付の傘立てのため、傘をはずしても鍵無しでは利用できません。

神戸ファッション美術館 傘立て

置き去りにされた傘達を見ていると、多くはいわゆるビニール傘なのですが、一部は結構高価そうな傘もあります。

傘を忘れて帰られても、島内の方以外は運賃を払ってまではなかなか取りに来られません。

それと、コインロッカーもあります。

神戸ファッション美術館 コインロッカー

ここでも、時々荷物をお忘れになる方がおられます。

美術館では、不審物の危険もありますので数日経つと鍵を開けて中の荷物を取り出し、一定期間保管したのち、取りに来られない場合は遺失物として警察に届けています。

忘れられた傘や荷物達も可哀そうなので、美術館に傘や荷物を持って来られた方は是非忘れずにお持ち帰りください。

 

現在展示会開催中の「世界のファッション展―100年前の写真と衣装は語る―

手前みそながら、ポスターのキャッチコピー『西洋がコルセットを脱いだ時、世界は何を着ていたのか?』がなかなかいいねってお言葉を聞かせていただくことがあります。

このコピーを考えた学芸はちょっと鼻高々かも…です。

会期は10月7日までです。

9月に入るとむしむし加減も少しは和らぐと思いますので、みなさんどしどしお越しください。

 

YOU

この記事のURL

http://fashionmuseum-blog.com/%e3%81%8f%e3%82%8c%e3%81%90%e3%82%8c%e3%82%82%e3%81%8a%e5%bf%98%e3%82%8c%e3%81%aa%e3%81%8d%e3%82%88%e3%81%86

TrackBack URL

この記事へのトラックバックURL
(※トラックバックは承認制となっております)

http://fashionmuseum-blog.com/%e3%81%8f%e3%82%8c%e3%81%90%e3%82%8c%e3%82%82%e3%81%8a%e5%bf%98%e3%82%8c%e3%81%aa%e3%81%8d%e3%82%88%e3%81%86/trackback

Trackback

トラックバックはまだありません