follow me

いろいろ茜色

11月もそろそろ終わりに近づいて、街も山も紅葉ですっかりカラフルになりましたね。昨日の雨で少し落ちた葉もありますが、しっとりと地面も彩られています。

現在開催中の「いのちのいろどり~伊豆蔵明彦の仕事」展の会場にも、いろいろな自然からの恵みの色があります。
会場の中の茜色の一部をご紹介します。

ウールを織り、絡めた作品は、もっと近寄って見ると、感触の違う布地があわさっているのがご覧いただけます

羅という技法で織られている、タペストリー

こちらは古式織法で作られた、きもの

伊豆蔵さんのデザインと染色と、島精機製作所さんのホールガーメントという編み技術の合体作品

同じ茜色にも、素材や技法の違いで、風合いも色合いも感じ方が変わってきます。
写真ではうまくお伝えできませんが・・・、他にも茜のいろいろが展示室にございますので、ぜひ、他の色と共に触れてみてください。


神戸ファッション美術館

この記事のURL

http://fashionmuseum-blog.com/%e3%81%84%e3%82%8d%e3%81%84%e3%82%8d%e8%8c%9c%e8%89%b2

TrackBack URL

この記事へのトラックバックURL
(※トラックバックは承認制となっております)

http://fashionmuseum-blog.com/%e3%81%84%e3%82%8d%e3%81%84%e3%82%8d%e8%8c%9c%e8%89%b2/trackback

Trackback

トラックバックはまだありません