follow me

美術館を味わい尽くす

現在、神戸ファッション美術館では豪華4本立てで”ファッション”を楽しんで頂けます。

エントランスに入ると、「開館20年記念 神戸ファッション美術館 ポスター展」。

当館が発信したファッションのすべてを凝縮した展示の歴史を見ることができます。

次は、特別展「夢二ロマン―神戸憧憬と欧米への旅」。

竹下夢二の貴重なデッサンなどの夢二ファンにはたまらない逸品が並びます。

そして、常設展「夢のイブニングドレス」。

女性が夢見る、神戸ファッション美術館所蔵の豪華絢爛なドレスに目を奪われます。

最後は、4階ギャラリーに移動して「開館20年記念 映画ポスター展」。

一度は見たことがある名作映画ポスターを見たら、思い出の花が開くことでしょう。

4つ全ての展示をにご覧いただけるのは、5月いっぱいまでのチャンスです。

皆様お誘いあわせの上、是非神戸ファッション美術館にお越しください。

 

まるも

ハッピートイズ。

みなさま、こんにちは。

毎年恒例となりましたフェリシモさんのハッピートイズ、今年もワークショップを開催予定です。

そんなわけで、スタッフが見本の制作を始めました。

それが、こちら。

ことしは、「いつも前向き 明るいワンちゃん」です。

そして、お気づきでしょうか?

ぬいぐるみは、神戸ファッション美術館オリジナルの手ぬぐいを材料にしています。

美術館でこのワークショップをはじめて今年で10年。クマ、ゾウ、ウサギ、トナカイ、コアラ、ウマ、リス、サル、ネコときて今年のイヌで10年目。

作る動物が時々、次の年の干支にちなんでいることもあり、ワークショップに参加されるお客様から必ず「次は何かしら?」というお言葉が聞かれます。みなさんに楽しみにしていただいているようで本当にスタッフもうれしい気持ちでいっぱいです。

今年のワークショップは現在、調整中です。決定次第、こちらのH.Pでお知らせしますので、もう少しお待ちくださいね。

 

 

お申込受付中!

昼と朝夕の寒暖差で体調を崩す人がたくさんいらっしゃるようで...

皆さんもお気をつけ下さい。

神戸ファッション美術館では6月17日(土)「オキアゲ人形でつくる夢二風小物」というワークショップが開催予定です。

午前と午後で各回10名ずつですが、まだ余裕がありますので、ご興味のある方は是非、ご参加ください。

「オキアゲ」とは型紙の上に綿をのせて、布でくるんで作る人形です。

竹久夢二のイラストに合わせて、今回は女性のオキアゲ人形を制作しましょう!

詳細は下記の通りです。↓

ワークショップのお知らせ

1F「夢二ロマン」展とあわせて、お楽しみ下さい。

 

mikan

新作入荷

みなさまこんにちは
神戸ファッション美術館3階ライブラリー内のミュージアムショップ
museum in museummim)より新作商品のご案内です

nonoe accessory

フルムーンピアス/¥3,460

ドロップピアス/¥3,240
レースドームピアス/¥2,900

キューブとスパンコールのピアス/¥3,240

これからの季節にピッタリのカラフルなピアスたちが入荷しました
大ぶりのピアスも一見重そうに見えますが、軽い素材で作られているので着け心地はとても軽いですよ
museum in museumでは定期的に作家さんの公募もしており、新作も続々と入荷していますので、神戸ファッション美術館1階展示室とあわせて、3階のライブラリーにも是非足をお運び下さい

みなさまのご来館、お待ちしております

mim

  • 2017/05/21 |
  • 11:16 |
  • ミュージアムショップ
  • fashionmuseum |
  • この記事のURL
  • Trackback(0)
  • Tweet!

昆虫とファッション

日暑いと思っていたら、5月も残り少なくなってきていました。今年の夏は、久々に童心に帰って昆虫に焦点を当てた展覧会を考えています。

6月25日からの特別展で世界的に活躍する昆虫写真家であり、NHKを中心に切り紙作家や里山愛好家として活躍する今森光彦氏の切り絵細工の展覧会を開催します。

昆虫世界に折角足を踏み入れたので、同時開催として、ベーシック展示では「昆虫とファッション」展をお見せします。
展示作品は蝶々柄のドレスや、カブト虫のTシャツというのではなくて、私たち人類が生まれた20万年前から、昆虫に対する思い(特に不思議さと憧れ)から生まれたファッションを収蔵品の中から展示します。
金属的な不思議な光沢、透明な羽を使って高速で空を飛ぶ能力、完全変態が見せる成長と言えない変化、どれも私たち人類はずっと驚きを持って生きてきたのです、それが自分を表現するファッションになるのはある意味自然と思えます。

私たちも5月20日に伊丹市立昆虫館に調査に行ってきました。

昆虫という生き物をファッションアイテムとして初めて認識する初めての機会を是非お楽しみ下さい。

(bx-16S)