follow me

CDのご紹介

皆様こんにちは

遅めの梅雨でじめじめとした日が続きますが、いかがお過ごしでしょうか

本日は神戸ファッション美術館3Fライブラリーより雨の日をより楽しめる、おすすめCDのご紹介です

今年ソロで来日が決定しているLiam Gallagherの所属していた、マンチェスターが誇るUKロックの雄、oasis関連シリーズです

オアシス/oasis(請求番号:3907)

ビートルズの再来とも言われたオアシスの1stアルバムです。節々に散りばめられた往年のUKロックへの敬意と、低予算ながら重厚なブリティッシュ・サウンドは折り紙つきです

Don’t Believe The Truth/oasis(請求番号:4264)

日本でもオリコン初登場1位を記録した後期の作品で、ウォークマンのCMでお馴染みのlyla等耳なじみの良い曲を多数収録しています。特にLiamとギター担当で実兄のNoelが一緒に歌うLet There Be Loveは必聴です

ザ・ギフト/ジャム(請求番号:3210)

OASISが影響を受けたPaul Wellerがフロントマンを務めるバンド最後のアルバムですモッズスタイルを貫きながら、R&Bやファンク、カリプソなど絶妙に織り交ぜたグルーヴィ―な作品となっています

ミート・イズ・マーダー/ザ・スミス(請求番号:2267)

こちらもoasisが影響を受けたJohnny Marrが所属するバンドの2ndで、ヒットはしませんでしたがこのアルバムに影響を受けたミュージシャンは挙げればきりがありません。ボーカルのけだるい声はクセになります

勝手にしやがれ!!/セックス・ピストルズ(請求番号:0571)

UKロックの歴史の中であまりに有名すぎるアルバムですが、oasisがビートルズとストーンズに匹敵するほど影響を受けた作品です。今聴いても色褪せない、若者の叫びを感じることが出来ます

 

当館では紹介させていただいたほかにも雨の日にピッタリなUKロック作品を多数所蔵しております

たまには雨の日のライブラリーでゆったりイギリスの雰囲気を感じてみてはいかがでしょうか

※CDのご視聴はライブラリーカードまたは身分証明書が必要です。

皆様ぜひ神戸ファッション美術館3Fライブラリーにお越しくださいませ

shiyo

  • 2017/06/28 |
  • 10:00 |
  • ライブラリー
  • fashionmuseum |
  • この記事のURL
  • Trackback(0)
  • Tweet!

■museum in museum 出品者公募29thのご案内

■museum in museum 出品者公募29thのご案内

[出品者公募期間]

2017年7月1日(土)―8月31日(木)

わたしたちの身の回りの「もの」「こと」には、アートやデザインの要素が溢れています。
神戸ファッション美術館は、この「もの」「こと」をキーワードに、ヒトの心にのこるものを「かたち」にする作り手とお客様をつなぐミュージアムショップとして、museum in museum を運営しています。
museum in museum は、ヒトとデザインとの対話をテーマに、クリエイターの作品を通したアートと向き合う空間、ミュージアムの中の「もうひとつのミュージアム」を提案し、作品を広く募集します。

[応募資格]
出品者公募の趣旨に賛同し、museum in museum のコンセプトに則したオリジナル作品を発表、納品いただける方。また、当館のイベントやワークショップなどに積極的な提案、参加をする意志のある方。(全国からご応募いただけます)

個人部門:兵庫県出身または兵庫県内を拠点とする 18 歳以上の方(グループ可)
法人部門:兵庫県内を拠点とする法人(株式会社、特例有限会社、合同会社など)
その他:兵庫県内に拠点を開設する予定の個人または法人

[出品できるもの]
アクセサリー、靴、バッグ、皮革小物、雑貨、アートブック、音楽・映像作品、写真作品、立体作品、( フィッティングを要しない ) アパレル製品などオリジナル作品にります。
* 形状やサイズにより、出品できない場合があります。

[応募方法]
申請用紙に必要事項をご記入のうえ、「 museum in museum 出品者公募受付係 」までご郵送ください。
2017年8月31日(木)※必着

公募期間終了後、作品送付についてのご連絡を担当者様宛に E-mail で送信させていただきます。

申請用紙は神戸ファッション美術館3Fライブラリーで配布します。
下記サイトよりダウンロードも可能です。

資料・申請用紙ダウンロードサイト
http://www.fashionmuseum.or.jp/shop/advertisement

[お問合せ]
神戸ファッション美術館3Fミュージアムショップ museum in museum

〒658-0032 神戸市東灘区向洋町中 2-9-1
TEL: 078-858-0054  FAX:078-858-0065 (10:00-18:00 月曜休館 )
E-mail : shop@fashionmuseum.or.jp

ミュージアムショップ

神戸ファッション美術館 出品者公募担当

[対象者の決定]
神戸ファッション美術館が開催する審査会を経て、対象者を決定します。
審査結果については出品概要にご記入いただいたご担当者様宛 E-mail にてご連絡いたします。

museum in museum

 

  • 2017/06/28 |
  • 10:00 |
  • ミュージアムショップ
  • fashionmuseum |
  • この記事のURL
  • Trackback(0)
  • Tweet!

「竹久夢二展」へのご来場有難うございました。

25日で閉幕した「竹久夢二展」会期中にはたくさんの方々にご来場いただきき誠にありがとうございました。
展示室では夢二が描く着物や大正ロマンなどのファッションもお楽しみいただけたと思います。
着物姿で会場にお越しいただい方にも夢二ワールドの雰囲気を更に盛り上げていただき有難うございました。

 

次回の展示準備のため神戸ファッション美術館は7月12日まで1階の展示室を休館させていただいております。
7月13日からは「今森光彦 自然と暮らす切り紙の世界」の展示が始まります。どうぞご期待ください。
尚、3階ライブラリー、ミュジアムショップは通常通りは開館しております。

Mok

 

 

 

  • 2017/06/27 |
  • 10:45 |
  • イベント,お知らせ
  • fashionmuseum |
  • この記事のURL
  • Trackback(0)
  • Tweet!

夢二ロマン展、最終日です

4月からスタートした特別展示「夢二ロマン―神戸憧憬と欧米への旅」も御蔭様で最終日を迎えました。

遠方からも多くのお客様にお越しいただき、スタッフ一同感謝の気持ちでいっぱいです。

見逃した方も、何度でも見たい!という方も、是非本日17:30までに神戸ファッション美術館にお越しください。

そして、次の展では、紙とハサミと人の手が織りなす、究極の切り絵の世界へ皆様をご案内します。

「今森光彦 自然と暮らす切り絵の世界―里山のアトリエで生まれる命たち」展は、7月13日(木)スタートです。

神業の切り絵作品と、昆虫からインスピレーションを得たファッションの共演、ご期待ください。

 

まるも

クリエイターズセミナー/阪急阪神百貨店 宇野新治氏をお迎えしました

6月24日土曜日に、2017年第一回のクリエイターズセミナーが開催されました。
講師には、株式会社阪急阪神百貨店 阪急うめだ本店 趣味雑貨営業統括部 統括部長の宇野新治氏をお迎えしました。
テーマは『大量生産を超え、クリエイターが出来ること! 「スーク」手前味噌トーク!!』です。

お話しは、宇野氏の阪神淡路大震災時の神戸でのお仕事や、その後取り組まれたこと、そしてうめだ阪急本店10階にスークが誕生するまでやこれから目指されていることなど、多岐に渡りました。現場に即したお話に、熱心にメモを取られる姿が多く見られました。


“お買い物が楽しくなるフロアづくり”というミッションのもとに、2013年に誕生したスークは、探す楽しみや思いもかけないモノに出会う場づくりとして、小屋や軒先のあるお店など、百貨店の他のフロアでは見られない空間(=街)が広がります。
街には、文房具や手芸用品のほか、中央部には1年間に1000組のクリエイターが出展するエリアがあり、各バイヤーさんが展示会やマルシェなどで出会われた、いいなと思われる作家さんに直接お声掛けされることから始まるそうです。
バイヤーさんが作家さんをみるポイントは、「覚悟があるか」。
商品のクオリティやオリジナリティ、販売経験、商品供給のほか、自分の強みと弱みを把握して第三者に説明できる点も大切にされているそうです。
また、初めて出展される方、何度も出展される方に向けたアドバイスもバイヤーさんがくださるとのことで、スークをきっかけに、これからを繋いで向き合っていく人と人との関係性を感じました。
今後は、クリエイターズプロデュースの計画が進行中とのことで、社会貢献を視野に入れた取り組みにも注目です。
7月12日水曜日から18日火曜日は「スークの夏祭り」が開催されます。
どんなクリエイターさんの作品に出会えるでしょうか。
この機会に、うめだ阪急本店10階のスークへぜひ足をお運びくださいませ。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
2012年より始まった、クリエイターのものづくりから社会との交流、産業への関わり方(生産・販売・マネジメント等)を初心者にもわかりやすい形でお届けするクリエイターズセミナー、次回のご案内http://www.fashionmuseum.or.jp/3685です。
事前申込制となります。みなさまのご参加をお待ちしております。